2010年06月16日

Pelargonium cv. 'Kouzan Nishiki'

IMGP0432.JPG

五色葉の古典ゼラニウム『光山錦』。江戸時代の日本で作出される。

江戸時代に日本に輸入された、原種ペラルゴニウムから作出された園芸種です。五色葉の名が示すように覆輪斑に、紅色の蛇目輪が入った品種です。特に冬季が近づくと、覆輪斑が紅葉し最高の色具合になります。外縁覆輪斑なので、種子が出来ても遺伝することは無いので、これは江戸時代からの栄養繁殖ということになります。

IMGP0433.JPG

古典ゼラニウムは、一般的に販売されているゼラニウムとは異なり、種を保存されている方も少ないので、一般的にお値段が張る代物だったのですが、この光山錦のように最近大量生産されてホムセンで手に入るようになってきたのは、とても嬉しいですね。
この子も一昔前は、4000円近くしてたのに、今は300円でしたよ。とある業者が、戦国武将の名前を付けて売り出してます。武将名は、正宗です。

古典ゼラニウム、平成21年夏の大熱波で被害を受けており、私の問い合わせた先(上記とは異なる業者)では、何品種か絶種したそうです。もっとも、毛細根を枯らさぬように毎日水やることなどと、平気でカタログに書いてる業者なので当然の結果なのですが、国立歴史民族博物館に展示されたことすらある江戸時代の伝統文化の一つなのに、実に嘆かわしいことです。
posted by フォル at 21:37| Comment(4) | TrackBack(0) | その他の多肉植物

2010年05月31日

Pseudolithos migiurtinus

IMGP0381.JPG

ソマリア原産。和名は、ありません。

難物と言われた、高級ガガイモのシュードリトスちゃんです。最近では、流通量が増えたせいかは分かりませんが、以前は直径の大きくてお高いものしかなかったのですが、写真のように2号鉢に納まるくらい小さいのもあるようです。

というか、破格の二和園で手に入れたんですが、いくら脇芽をカキコしたとはいえ、植えもせずに転がされていたので、拾いあげて購入したら1個200円でした。いいのだろうか?それで。

IMGP0382.JPG

で、我が家のルールで出来るだけ強光線で育てる方針で、最初はガンガン日に当てていたのですが、まだ小さいのとこれからの時期は流石に厳しいだろうということで屋内に退避。柔らかな光で育てたら、来た時の1.5倍くらいに育って、ぷくぷくに。これがまた何とも可愛いくてたまりません。

でも、そこは難物・・・右下の顔色の悪い子は、腐れて逝ってしまいました。これが、突然逝くガガイモの怖いところなのね。
posted by フォル at 20:23| Comment(3) | TrackBack(0) | その他の多肉植物

2010年05月24日

Senecio mweroensis ssp. saginatus開花!

IMGP0385.JPGIMGP0386.JPG

前回の様子は、こちら

キク科で、綺麗なお花が咲くと聞かされていたサギナータさんに蕾が出来たのは3月下旬。それが、ようやく安定して暖かくなって咲きましたよ。松葉菊のように大輪の花が一輪だけ咲くのかな〜?っと期待してたら、小さい花が幾つも集まって咲きましたよ。
だって、

IMGP0387.JPG

横から見ると、縦に筋が入った萼がいかにも一輪だけ咲きますよ〜って感じだったんですが、この中にいくつもの花が入っているなんて思わなかったですよ。しかし、ここでてっぺんにお花が咲いたとなると、この後どう育っていくんでしょ・・・。
posted by フォル at 20:31| Comment(4) | TrackBack(0) | その他の多肉植物

2010年04月18日

Haworthia obtusa

IMGP0261.JPGIMGP0262.JPG

南アフリカ・ケープ州原産。和名は、オブツーサ。

これは、ISIJ新年大会の時に濾過一さんから貰った、大型オブツーサです。抜き苗で頂いたのですが、植え付け直後から直射日光や寒風に当てて育てたので、外周部が紅葉していますが、元気にお花を咲かせ始めました。

昨日は、酷い寒波でしたがもう2週間もすると、GWで初夏の陽気になるんですよね。木立アロエのごとく、日本の夏の直射日光浴びて無事な多肉は数少ないので、そろそろ遮光も考えてあげないといけないんですが、6月くらいまで徐々に慣らして直射で行きたいなとサバイバルな事考えてます。
posted by フォル at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の多肉植物

2010年04月04日

Senecio articulatus

IMGP0196.JPGIMGP0197.JPG

南アフリカ・ケープ州原産。和名は、七宝樹。

茎の伸び方が何とも酵母菌のような七宝樹さんです。この種は直径1〜2cmの茎がスーっと伸びては、くびれを繰り返していくのですが、長い茎より写真のような玉っころい茎のほうが可愛いですね。

この七宝樹ですが、錦もあるようでこの子はその錦の株から、普通の色合いで生えてきたのを挿して根付かせたものとの事なので、ひょっとしたら仔を吹けば錦になる可能性もある子なのです。

錦というので、サボテンのようなのを想像していたら、全然違うらしく、色白の茎にうっすら赤い葉が出るとのこと。まぁ、いづれにせよ群生させたら楽しいそうです。

サボ種まきまき
posted by フォル at 21:59| Comment(4) | TrackBack(0) | その他の多肉植物

2010年03月31日

Echeveria hyb. cv. 'Derosa'

IMGP0192.JPGIMGP0195.JPG

Echeveria derenbergii × Echeveria setosa。和名は、花乙女。

なんだか、ヘンテコ植物紹介ブログというのが定着しつつあるようですが、決して故意にヘンテコを狙っているわけでは・・・ない・・・のですが、手元にはいつまにか・・・えぇ、ヘンテコなのが好きなんです。はい。バッド(下向き矢印)
でも、たまには普通(だよね?)なのも紹介しましょう。

エケベリアの白蓮華と錦司晃の交配種です。うちのは、全体的には、白蓮華の葉が錦司晃のキメ細かさで出ている感じですね。錦司晃の羽毛は押さえられて少ししか出てきてないですね。交配種なので、個体によって特徴の出方が違ったりします。

それにしても緑がかったクリーム色の葉先がちょこんと紅があるのが、中々綺麗ですね。これはブログ主お得意の直射日光で真っ赤〜ではなく、元からこういう風に色づいているんですね。エケベリアって、ちゃんと花は別に咲かせるのに、なんで株自体が花のような形をしているんでしょうねぇ。

あの子は今・・・@
posted by フォル at 20:54| Comment(4) | TrackBack(0) | その他の多肉植物

2010年03月27日

Haworthia tortuosa f. variegata

IMGP0180.JPGIMGP0181.JPG

南アフリカ原産。和名は、五重塔、竜宮城、青潮など。

学名がついていますが、諸説あって雑種らしいとの記載もある、硬葉のハオルチアです。五重塔は、硬葉ハオルチアでもコンパクトなほうで、まるで小型アロエを更にミニチュア化したような感じがとても好きです。

特にこの鉢は、班なし、良班、糊班と3種が1つに纏まっているので、お気に入りです。深緑に黄色の班がくっきりと入っているのでとてもメリハリがあって良いのですが、これからの季節の直射日光に当てて赤く染まったところを見るのも、これまた楽しみな一品です。

班入りは、ハオルチアに限らず斑入り同士の交配で出来た種子を実生すると班が出にくいのですが、その個体から仔吹きすると、仔は綺麗な班が出る傾向があるそうです。これもまずは真ん中の班なしが育って、仔吹きしたら班入りになったのではないかなと思います。
良い班が入らず、捨て値や廃棄されそうな個体でも、仔吹きさせると、良い班が出るかもしれませんね。
posted by フォル at 20:13| Comment(2) | TrackBack(0) | その他の多肉植物

2010年03月17日

Gasteria armstrongii f. variegata cv. 'Date-Gagyuu'

IMGP0147.JPGIMGP0148.JPG

南アフリカ・ケープ州原産。和名は、伊達臥牛錦。

おなじみの臥牛の園芸品種の一つです。人気がある種というのは、色々と選抜・交配を繰り返すうちに、だんだん複雑珍奇な名が付いて何が何だか分からなくなりますよね。某大阪のY園の種子販売リストなんか、もうカオスですね。(笑)

さて、この伊達臥牛ですが、あまりにも緑の部分が無さ過ぎて、アルビノにリーチがかかってるくらい黄色ですね。これしかない葉緑素でよくここまで大きくなったと思います。仔吹きして丁度良い班の子が出来てくれると良いのですが、タダでさえ成長の遅い臥牛なのに糊班ですから、いつになる事やら・・・

効果のほどは賛否両論が交わされている、コスモ石油の開発したALA入り液肥を(洗脳されて)購入してしまったので、説明に書いてある通りクロロフィル(=葉緑素)が適度に増えてくれると良いんですがね〜。
ブツの効果のページはコレw↓
http://www.cosmo-oil.co.jp/ala/effect.html
posted by フォル at 20:40| Comment(2) | TrackBack(0) | その他の多肉植物

2010年03月15日

Crassula ericoides

IMGP0155.JPGIMGP0156.JPG

南アフリカ原産。和名は、エリコイデス。

クラッスラって何で同じ葉が幾重にも重なったようなのが多いんでしょうね。このエリコイデスも同じ形の葉が積み重なって、まるでモミの木のミニチュアみたいですね。こんなに葉と葉の隙間が狭くて上手く日光を受けられるのか、不思議になります。

この種は、育つとマット状に群生するらしいので、大きい鉢に植え替えると大変なことになりそうですね。このシャトル鉢から溢れたら、どうしましょうかね・・・どこかにお嫁に出すとしますかぁ〜。
posted by フォル at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の多肉植物

2010年03月03日

Sedum cv. 'Jadeblow'

IMGP0085.JPGIMGP0086.JPG

人工交配種。日本での流通名は、ジェイドブロー。'Jadeblow'は、海外流通名としては存在しない。(※)

淡い翡翠色で綺麗なセダムには違い無いのですが、誰がジェイドブローと名付けたんでしょうねぇ。せめて園芸品種登録くらいしてあると助かるのですが、グーグル先生でも分からないそうです。

で、このジェイドブロー君ですが、ご覧の通り伸びた結果頭が重くなっちゃって横に倒れてきちゃってます。そうしたら、このジェイドブロー君は、なんと先端が成長を止めて脇芽が上に向かって伸び出しちゃいました。画像を良く見ると、小さい脇芽が出てるのが分かるでしょう?

ということは、この子はこの先、『横になる⇔脇芽』をループするのでしょうか。妙な子ですねぇ。(==

(※)タイトルの学名について
posted by フォル at 21:03| Comment(2) | TrackBack(0) | その他の多肉植物

2010年02月22日

Huernia primulina f. crist

IMGP0056.JPGIMGP0057.JPG

南アフリカ・ケープ州原産。和名は、竜王角綴化、黄花牛角綴化。

綴化した部分を、切り取って差して発根させたものなんですが、半分ほど綴化するのやめちゃったみたいで、指の生えすぎた手みたいなことになってます。(笑)
手に入れたばかりなので、今はしっかりしてますが、謎の突然死させないように管理は要注意ですね。

サボテンでは、綴化したものは割りと安定していて、崩れたというのはあまり聞かないんですが、多肉は崩れやすいのでしょうかね。紅キリン綴化くずれというのも、見たことがあって、これも握りこぶしみたいになってました。(アトで調べたら紅キリン自体綴化するのは珍しいらしいです。手出しとけばよかったなぁ・・・)
サボテンの綴化崩れは、表に出てこないだけなんでしょうかね・・・
posted by フォル at 20:38| Comment(4) | TrackBack(0) | その他の多肉植物

2010年02月20日

Senecio mweroensis ssp. saginatus

IMGP0049.JPGIMGP0051.JPG

アラビア〜ケニア原産。和名は、サギナータ、サギナーツスなど。

かめむしさんのところで、S.picticaulisとどっちなんだよぉ!?と育て主を迷わせているサギナータさんです。(笑)
確かに色々調べても区別しづらいのですよね。枝分かれして割と細く高くなるのがピクチカウリスで、ずんぐりむっくりで米俵が縦に積み重なるように(?)育つのがサギナータらしいです。

にしても、この独特の模様がユニークですよね。これでも菊の仲間というから不思議なんですよね。丁度、てっぺんに新しい節が芽生えてきているので、これからどんな形に育つのか楽しみです。夏に花を咲かせるみたいなので、咲いてくれるといいのですが・・・
posted by フォル at 21:29| Comment(4) | TrackBack(0) | その他の多肉植物

2010年02月16日

Haworthia cuspidata f. variegata

IMGP0033.JPGIMGP0034.JPG

南アフリカ原産。和名は、宝草錦、宝の艶錦など。

うん。ロゼットが綺麗に纏まっていて、かつ班の入りもなかなか渋い正統派(?)な班ものですね。特にサボテンとか班入りでもヘンテコな形の個体が多い我が家の中にあって美しさはピカイチです。

遺伝子的にはH.retusa×H.cymbiformisの交雑種らしいとのことですが、全然そんな感じがしないですね。画像では、写ってないですが早くも花芽を上げ始めていて、しかも花芽まで班入りというとても出来る子です。(笑)

さて、お花咲いたらどうしましょうかねぇ。うちにハオは、これ以外には濾過一さん家から嫁いできた、大型オブツーサしかないし・・・自家受粉しますかねぇ?
近所の木立アロエと強引な交配とかいってみますかぁ。(笑)
posted by フォル at 20:14| Comment(3) | TrackBack(0) | その他の多肉植物

2010年02月14日

Tylecodon buchholzianus

IMGP0035.JPGIMGP0036.JPG

南アフリカ、ナミビア原産。和名は、チレコドン・ブッコルジアヌス。

ふ〜む。面白い名前ですな。

チレコドン、ブッ殺すぞコノヤロウ

・・・すいません、言い過ぎました。
うちには、チレコドン属はこの1つしかいないんですが、このブッ殺・・・ブッコルジアヌスは、同属の中でも茎は細いスリムさんらしいです。冬型ということもあって、もう葉が残っている茎が少ないですが、この五葉松を連想させるような株姿は、結構好きです。

集めようにもついにスペースが限界を迎えてしまったので、実生で1種だけ挑戦です。春になったら、整理しないといけないなぁ。(==
posted by フォル at 19:50| Comment(2) | TrackBack(0) | その他の多肉植物