2011年11月07日

今年2回目のビックバザール戦利品

前回の記事が6月のビックバザールですねぇ。
いや、何と言うか…どうも、私は感性でモノを書くのはかなり苦手ということみたいです。(謎)

今回は、多肉デビューしたばかりの彼女を連れてということもあって、多肉ブロガーのお歴々とは微妙な距離感での行動でしたが、次回は輪に入れてね〜。(泣)


では、今回の戦利品でっす。

IMGP0977.JPG

今回は、購入4鉢、頂き物1株の計6品!
(足し算が合わないのは、1鉢に2品入りがあるからなのさっ)


IMGP0979.JPG
Strumaria truncata

もはや、球根でおなじみのF川商店からの購入。
見せ球が好きなフォルですが、この株元の鞘をかぶった様子がゲチリスに通じるものがあるので、手にしちゃいましたよ。この鞘ってどんな役割があるんだろうね〜。


IMGP0980.JPG
Albuca spiralis

これも、もはや普及品のくるくるアルブカ。
なぜ今頃に?って感じかもしれませんが、うちにいるくるくるは皆オーニソガラムなんだよ〜。あ、アルブカのspも居たか…。とはいえ、これはちょっと巻きが足りないのでこれから教育します。


IMGP0983.JPG
Adenia x glauca

ご存知のアデニア・グラウカに何かを掛け合わせたハイブリッド。
いったい何を掛け合わせたのか聞かず仕舞いだったので、永遠に謎なのです。

IMGP0986.JPG

とはいえ、わずか7cm程度の丈なのにこの徳利蘭のような幹!
こういうのに弱いんですよね。ええわぁ〜。


IMGP0981.JPG
Kalanchoe ?

アデニアの鉢について来た謎のカランコエ。
葉が落ちて根付いたのか、意図的に植えたのか分かりませんが初カランコエだったりします。


IMGP0978.JPG
Pelargonium lobatum

小林会長のアレなお店から購入したペラルゴ。
例によってまだ目覚めていない、寂しい塊根ですが亀甲竜のような細かいひび割れ轢かれちまいましたよ。
これから叩き起こすよ〜。


IMGP0988.JPG
Haworthia davidii x stayneri

多肉ブロガーである柴犬さんが仲間内に配っていた余剰苗を頂いてしまいました。
いくつかの交配苗があったのですが、ハオは詳しくないので見た目で良さそうなものを貰ってしまいました。柴犬さん、ありがとう〜。しかし、我が家はハオには少々過酷な環境だから何とかアロエの環境に慣れてもらおう。


以上、戦利品報告でした。(´Д`;)
posted by フォル at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月21日

千葉多肉ツアー またやっちゃいました。

どうも、ブログは休止しておりますが、多肉は続けておりますよ〜。とはいえ、ライフスタイルが大きく変わっているので再開はまだまだ厳しいのでご容赦くだされ。

さてそんな中、本日5月21日。また、関東圏にいる多肉ブロガーが集まって二和園⇒GCとハシゴしちゃいました。もはや、不定期な習慣となっているようです。(笑)
私フォルは、毎回運転手となっているのと、行きなれちゃっているのでまぁたデジカメ忘れちゃったんですね。
ということで、物色している様子の画像はありません・・・。

リポートは他力本願として、やっちゃったブツをいってみましょう!
まずは、二和園。

IMGP0932.JPG
Sarcocaulon herrei

サルコのヘレイさんですよ。輸入された親株をチョンパして、挿し芽中のブツです。サルコは、高価なものですがこうして挿し芽でお値打ちで売ってもらえるのは嬉しいですね!

IMGP0936.JPG
Aloe vera f. variegata

お馴染み、健康アロエとして知られているアロエベラの班入り。タイで作出されたものです。以前も買ったんですが、イマイチ元気が無いので立派なの買っちゃいました。でも、これ肥料不足で色薄いですね。早く植え替えしなくちゃ。

IMGP0935.JPG

ああ、しまった。これ、名前確認するの忘れてしまいました。Aloe claviforiaですかね・・・?
100円と大変お値打ちだったんですが、何でしょう?

IMGP0934.JPG
Gymnocalycium mihanovichii var. friedrichii 'Hibotan Nishiki'

お馴染み緋牡丹錦。班なしと一緒にトレーにごろ〜っと入って置かれていたんですが、なんとこれも1個100円。しかも、よくさらってみて見ると比較的良い班入りも。本当に100円で良いのかな?

二和園は、以上です。続いてグランカクタス〜!

IMGP0938.JPG
Astrophytum asterias f. nudum

亀甲瑠璃兜ですよ。ずっと、欲しかったのに中々出てなくて諦め気味だった一品ですよ。普通の兜は、アレオーレが一直線なのに、これはある程度で稜変わりする変わり者。亀甲の具合が良いなぁ。

IMGP0937.JPG
Astrophytum myriostigma var. nudum

複隆ランポー玉。これも中々、手に入らなかったブツですが、ご対面。しかも仔吹きを旺盛にする変わったタイプとの事で、すっかり虜になっちゃいました。仔がもう2個付いていたのに取れちゃいました。(泣)

グランカクタスでは、大物を買っちゃったので以上で〜す。
ところが、これで終わらないのが多肉ツアー。毎回、誰かと交換が発生するんですね。今回は、かめむしさんから。

IMGP0931.JPG
Senecio picticaulis

セネシオのピクチさんです。私が行った時は、見当たらないのに行く度に二和園で掘り当ててくる、かめさんにお願いして譲ってもらっちゃいました。いやぁ、やっと会えたよ。サギナータと一緒にしとこう。

IMGP0930.JPG
Aloe saponaria f. variegata

アロエ・サポナリアの班入り。これも、かめさんの親株の見事さに惹かれて、子株をお願いしちゃったものです。いやぁ、ありがたい。

IMGP0929.JPG
Albuca sp. 'Augrabies Hills'

またしても、謎のアルブカ。最近、浅植え球根にもハマっているわけですが何でこうアルブカって、小さい時の姿がみんな一緒なんだ。(笑)でも、そのうちみんな個性が出てくるから楽しいんだけどね。

いやぁ、かめさんありがとう!


今回は、女性参加者も多かったこともあり、楽しい回となりました。次はいつだろ?
あ、2週間後にビッグバザールじゃないか。
posted by フォル at 23:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月15日

しばらく、お休みします。

諸事情により暫くの間、更新を一時的に休止します。再開時期については未定ですが、再開できる状況が整い次第再開したいと思っております。

当ブログをご覧頂いた方々に感謝申し上げます。
posted by フォル at 19:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月10日

ISIJ新年大会の戦利品

さぁ、今回も読む人にはたまらない魅惑のタイトルがやってきましたよぉ。
やっぱり、他人の手に入れたものというのは、気になります。(笑)

IMGP0905.JPG

今回は、こちらの5株!
内訳はというと、購入1株、頂き物2株、ビンゴ商品2株(セットだった)。
え?少ない?

・・・えぇ、諸般の事情に加えまして、よりによって日曜日の夕方に労働を強く要求する会社に折れまして、セリ半ばで会場を後にしたのでございます。

では、唯一の購入品から!

IMGP0906.JPG
Senecio sp.

この見せ球根みたいな姿が、まさにストライクゾーンど真ん中でしたね。いやぁ、やられましたよF川さん。(笑)この子も大事にしますね。

お次は頂き物!

IMGP0910.JPG
Haworthia hyb. 'Luna'
(H. nortieri v. globosiflora x H. cooperi)


caeruleaさんからの頂き物のハオルチアの交配種「ルナ」です。かなりくたびれたお姿(ゴメンなさいw)ですが、これはカキ仔の発根促進の為に乾燥させてたからですね。しかし、我が家はハオルチアがかなりワイルドな姿に育つ家柄。・・・だけど、頑張ってみよう。

お次もcaeruleaさんからの頂き物!

IMGP0909.JPG
Graptopetalum pachyphyllum

いやぁ、小さい!
我が家初、奇跡の1号鉢植えですよ?これでも、立派な挿し芽サイズなんだとか。いやぁ、エケとかグラプトとか全然分からない僕ですが、小さすぎて凄く心配w

お次はビンゴの景品(かなり後の方・・・ビンゴ運無いんですよ。)

IMGP0913.JPG

ええと、この辺は全然疎いので頂く方としては札があるとスゴク助かるわけですが・・・。たしか、アエオニウムですよね?詳しい方、これ何だか教えてください。

ラスト!

IMGP0911.JPG

限りなく、Albuca humilisくさい謎のタマ。すごく緑色していたので、完全見せタマで植えてあげました。本当はベルセミアっぽいタマがあったので、そちらに手を伸ばしたんですが一瞬のうちに他の人に掠め取られてしまった。う〜む、残念。

それにしても、展示品にも小型球根植物かなり多くなりましたね。大型球根植物は、多肉として受け入れてもらえる日来るかな・・・。
posted by フォル at 20:51| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2010年12月11日

二和園⇒GCハシゴしました&戦利品

IMGP0837.JPG

というわけで、久々にブログ面々に会えるということで、アデニウムと球根を整理してお土産に持って行ったのに、楽しかった勢いでお釣り来るほど仕入れてしまったフォルです。こんばんは。
しかも、今回はいつもの散策気分だったせいで、デジカメ持って行くの忘れたためイキナリ戦利品記事です。

勝田台に集合して向かった先は、二和園!
いつの間にか、飼われている鶏に雛が産まれてましたね〜。最初10羽居たけど、貰われて3羽になってました。

IMGP0838.JPG
Euphorbia viguieri 和名:噴火竜

いやぁ、またユーフォルビア見つけちまいましたよ。花キリン類の大型種だとか。
割とブログ記事にしている人が少なさそうなので、もしかして結構お買い得だった!?
二和園では、こういうのがカモフラージュして置かれているので、毎回気が抜けないですな。
細い茎から立ち上がって上の方だけトゲトゲしい姿ですが、こういうものらしいです。

IMGP0839.JPG
Haemanthus albiflos 和名:眉刷毛万年青(まゆはけおもと)

実は眉刷毛万年青は以前記事にした通り、1株我が家にあるんですが、今回のはちょっと違うんですよ。デジカメの感度の関係で、黄色が際立って写ってますが何と斑入りの疑いがある株2つ!
今回これを1つ200円で買ったわけなんですが、大当たり(つまり斑入り)であれば最低1万円超の価値があるという、なんという年末ジャンボ・・・。もうちょい、大きく育てて新しい葉が出ないとわかりませんが、黄色が葉裏にまで抜けているので結構いい勝負じゃない?

IMGP0840.JPG
Aloe striata f. variegata 和名:慈光錦(の光?)

縁取りが紅色で葉が緑でつるっとしていることで、割と親しまれているアロエの班入りです。見つけた瞬間につい惹かれて手にしちまいましたよ。班なしの株は、葉にあまりスジが無いらしいので、写真の細かいスジも班なのかな。何にしても綺麗なアロエです。

IMGP0841.JPG
Coryphantha ?

謎のコリファンタ属のサボ。ちっちゃいので、種が何なのか不明。何か、上に伸びちゃってるけど徒長では無さそうなのでこのまま来春からブーストすれば、ずんぐりむっくりになっていくかなぁ。
珍しい種だといいなぁ。

二和園での物色は、今日はここまで・・・と思っていたんですが、園主の車の荷台に魅惑の品を見つけちまいました。『これは、ヤバイ』センサーが全開で反応したときはもう既に遅し・・・。

IMGP0842.JPG
Tylecodon reticulatus 和名:万物想

しかも、南アフリカ共和国現地の山採り品。
いやぁ、ずっと欲しかったんですよ万物想。大きい株の枝を切って売ってくれないかと交渉してダメだった事もあっただけに、いやぁ感無量。園主は、今時期なら左右に出ている枝を切って挿せば根付いて増えると言ってましたが、これはこのまま大きく育てますよぉ。

二和園は、これでおしまい。続いて、久しぶりのグランカクタス。

IMGP0843.JPG
Massonia sp. RS2

マッソニアの詳細不明種。割と最近見つかったものらしいです。(nov.じゃないのかな・・・)
そもそも、マッソニアを我が家に迎えるのは初めてなんですが、イキナリこんな珍しいので良いんだろうか。そのためにも、株数が多いのを喜んで選んだわけでして。まぁ、これからじっくり付き合ってみましょ。

グランカクタスは、これでオシマイ。
なんと、以前に無かったメセン専用温室なるものが完成していてメセン類が色々置かれて販売されていましたね。
1株○00円コーナーで拾われていった、リトープスのトップレッド小株が、ヤフオクでとんでもない高額で落札されたのだとか。うへぇ〜。

久しぶりに楽しい肉狩りでした。


あ、先日の偽海葱がついに咲き出しました。

IMGP0835.JPG

最初の1輪目。オーソドックスにオーニソガラムのお花ですな。
しかし、こんな時期に咲いても交配相手は居ないのだが。

IMGP0836.JPG

ちなみに、まだこんなに沢山アトに控えています。
posted by フォル at 22:28| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記

2010年11月08日

お約束のビッグバザール戦利品でございます。

えぇ、そりゃもうビッグバザールに行った多肉ブロガーは、後日必ずコレをやらなければならないというのが、どうも暗黙のルールのようでして・・・はい。
そして、多肉ブロガーの嗜好から選別眼など一瞬にして見抜かれてしまうという、見られる方は恐ろしく、見る方は躍動感が止まらない中毒性の高い記事でございます。


というわけで、晒しますよ〜!><;


IMGP0728.JPG

はい。
今回は、購入5品+頂き物1品の計6品!では、順を追って紹介〜。

IMGP0729.JPG
Pachypodium brevicaule 和名:恵比寿笑い

パキポの中でも、とても根腐れしやすく難しい恵比寿笑いの実生っ子です。我が家では、今年の残酷暑の熱湿に負けて☆になったのに、懲りずにまた買ってしまいましたよ・・・。
大株が数万円にもなる恵比寿笑いの実生幼苗が、お値段3桁で出てたのでついつい。今のシーズンだとこれから落葉させるとこからスタートですな。ああ、心臓に悪い。(笑)

IMGP0730.JPG
Drimia haworthioides

百合のような球根の一部が、地表に顔出してまるで別の生物のように振舞っているハオルチオイデス。これ、実はず〜っと欲しかったんですけど、なかなか巡り合えずにいたんですよ!念願のご対面です。
しかも、見えている球が大きくてすばらしい。どんどん分球してもらって大きな球根塊作るのが夢でございます。

IMGP0731.JPG
Ornithogalum juncifolium

これまた、小さなタマネギにちょびっと葉が生えただけの可愛いやつ。葉の長さはどうもこれくらいらしい。んんっ!?待てよ、そういやうちに良く似た名前のオーニソあったよな・・・

IMGP0735.JPG
これも、Ornithogalum juncifolium

あちゃ〜、やっちゃったよ。同姓同名。
完全に被っちゃった?いや、しかし待てよ・・・こっちのは葉が買ってきたのより細いのに長い!かといって、買ったスピーシーズナーセリーさんの札が違っているとは思えない。ということで、調べてみたらどうもネット上も両者が入り乱れている模様。困った。

そんな中、ぢぇがむさんから葉が長い方は、Ornithogalum juncifolium var. emsii(要するに同じ種の変種)に似てない?って情報が!
うん。それだ、そういうことにしておこう!(笑)

IMGP0732.JPG
Ornithogalum tenuifolium 和名:細葉大甘菜

球根見せ型のオーニソガラムと比べると、根元の黄色から鮮やかな濃緑に変わる葉が特徴的なのと、お値打ちだったのでついつい手が伸びてしまいました。
調べて見ると、ヨーロッパに園芸種として持ち込まれたのが野生化したのを拾ってきたみたいですね。
細葉大甘菜なんて和名付いているけど、食った人居るんかいな・・・アルカロイド含んでいるんで食べるのはヤバイんですが。

IMGP0733.JPG
Albuca sp. aff. namaquensis

名前の魅力に惹かれて手が出ちゃいましたよ。くるくる葉っぱで有名なアルブカ・ナマクエンシスとは全く別物!
要約すると、『学名不明のアルブカ、ナマクエンシス似』なのです。
やばい、微妙すぎる・・・。でも、そういうの凄く好き。(爆)

以上が、バザール会場で入手したものですね。ほとんどが、球根でした。いや、もう球根は立派な多肉植物ですよ!


そして、こちらは濾過一さんからの頂きもの。

IMGP0734.JPG
Euphorbia venenifica

なんか、取れたての山葵か山牛蒡みたいな感じですね。また、ユーフォルビアのコレクションが1つ増えました。早く植えてあげたいけど、帰ってくるの真っ暗闇なんだ。週末まで待っててね。

いや〜、お疲れ様でした。
posted by フォル at 20:38| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2010年11月07日

ビッグバザール秋の陣でございます。

これまでは、年1回の開催だった国際多肉植物協会ビッグバザールですが、多くの要望にお応えするということで、無理矢理割り入れたみたいで11月という微妙な時期に開催ということに。
新年大会まで2ヶ月なので、今回は業者さんや知り合いの皆さんに挨拶兼ねて軽くということで・・・

IMGP0724.JPG

入口に申し訳程度に置いてあるビッグバザールの立て看板。
なんか、5ヶ月前にも見たことあるお馴染みのブツです。12:00〜の所に張り紙伏字してあるけど、何が入っていたんだっけかな〜。

IMGP0725.JPG

午前10時半過ぎの会場の様子。今回は、狙っているモノも無いのでゆっくり会場到着です。
会場は前回より奥行きが広い部屋にしたみたいで、今回は広々通行で楽々お買い物。やっぱり、このくらい余裕が無いとね。
あ、中央の柱付近に居る白髪の方は、国際多肉植物協会(ISIJ)会長ですね。狙ったつもりは無いのに、ど真ん中。(笑)
もっとも9時過ぎの会場は、我先に目玉商品を狙う人でごった返していたんでしょうね。

IMGP0727.JPG

秋ということもあって、花が咲いたメセン類が結構ありましたね。初夏や真冬ではあまり商品として見かけないので、秋開催というのも良いですね。
これは、鶴仙園さんのブースかな。

IMGP0726.JPG

高価な塊根類も続々と。植物が弱る真夏が終わって、続々といろんな業者さんが海外に注文を入れて輸入されてきたものがズラリと。最近は、インターネットで簡単に注文が出来るようになったので、色んな種が見かけられるようになりましたね。
こちらは、カクタスブライトさんのブースですね。

今回は、球根類をメインに5品ほど手にしましたよ!戦利品は、後日ご紹介です。
posted by フォル at 20:44| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記

2010年08月08日

多肉ツアーの戦利品2

またまた日が空いてしまいましたね。スミマセン。
撮り溜めて記事を書くのが凄くイヤで、その日に撮ったものをその日の気分で書くのがモットーなんです。

では、続きの最初はこれ。

IMGP0503.JPG
Adenium obesum f. marginata

砂漠のバラの覆輪班ですね。これはニ和園で手に入れました。
この時期、砂漠のバラは外で雨ざらしでも良く育つので温室の外に出されて並べられていました。その中にこれだけが斑入りだったので、試しに値段聞いたら驚きの安さで速攻ゲットでしたよ。

IMGP0504.JPG

最初は、真ん中の斑入り枝だけ接木かと思ったんですが、良く見て見ると接木じゃないんですね。いやぁ、良い物が入った。


次はコレ。

IMGP0508.JPG
Tephrocactus articulatus f. diadematus

長刺タイプの武蔵野です。かめむしさんのところで、見かけて以来団子の重なったような姿が気になっていたんですね。

IMGP0509.JPG

テフロカクタスは、初めてなんですが何とも言えないずんぐりむっくり感です。なお、このペラペラそうな刺ですが、案外硬いです。


次は、今回のツアー一番の大物。

IMGP0505.JPG
Myrtillocalycium cv. POLYP (Chimera)
(Chimerical cultivar between Myrtillocactus cochal + Gymnocalycium mihanovichii cv. RED HIBOTAN)

合成生物キメラ。TONYさん曰く、三角柱と緋牡丹のキメラとの事でしたが、調べてみたら竜神木と緋牡丹ジャマイカ。

IMGP0507.JPG

このキメラという生体は、狙って出来るものでは無く偶然の産物で、しかもこのポリープの場合、失敗した接木から極まれに発生するという代物。希少度から言えば、恐らくトップクラスでしょうね。
仔吹きもするのですが、緋牡丹の細胞が固まったところからは、緋牡丹が出てきちゃうオチャメなやつでもあります。
増やしてヤフオク出したら、儲かるかしら?w


そして、これは濾過一さんから譲渡されたもの。

IMGP0512.JPG
Pelargonium cv. 'Kokuryu'

古典ゼラニウムの黒龍です。
その名前から、割と出回っている黒雲竜と間違われることがよくあり、古典ゼラニウムの専門園でもその名を知らず、一部の愛好家がひっそりと保存しているというレア品です。検索エンジンでもほとんど出てきませんね。

IMGP0513.JPG

この古典ゼラニウム。普及している園芸種とは比べ物にならないほど繊細で実は、29℃を超える気温は既に生命の危機ゾーン。
枯らさないか、心配だよぉ。
posted by フォル at 21:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2010年08月04日

多肉ツアーの戦利品1

多肉ツアーに参加された方々皆、何回かに分けて戦利品を公開するのがどうも流れらしいので、私も倣います。(笑)
関係無いですが、暑いのに風邪引いて鼻水が止まりません。

まず初めはコレ。

IMGP0495.JPG
Dorstenia foetida

これは、星野松風園で手に入れたものですね。
意外なまでにお買い得価格でしたので、他の方々も含めて私も手出しました。私のはどうも以前訪れた方が、買おうとして抜いたまま忘れられたものぽいです。渋くそそり立ってます。

IMGP0496.JPG

ドルステニアと言えば、この独特の形の花ですね。いい感じです。
星野さん曰く、放って置いても勝手に生えてくるとのことですが、勝手に生えてくるのは、多分星野さん家だけです。(笑)


次は、これ。

IMGP0497.JPG
Schizobasis intricata

日本でも結構普及している割には、少しお値段が張る球根ですね。これは、グランカクタスで発見しました。

IMGP0499.JPG

一般に出回っているいるのは球が大きいのばかりで、手頃なのを気長に探してましたが、ついに我が手中へきましたよ。これ自家受粉で、大量に種が出来るので数だけは増えるみたいですね。


本日最後は、こちら。

IMGP0500.JPG
Agave pumila

アガベの中でもかなり小さい種です。これは、ニ和園で手に入れました。ベネズエラもそうなのですが、株元がまるっとしているアガベやアロエって、良いですね。
これも、ドルステニアと同じく複数の方が購入していました。

IMGP0501.JPG

ベネズエラと違い、成長はかなり遅いらしいのですが、成長するにしたがって葉が長くなるみたいです。数年は、この姿で楽しめるのは良いですなぁ。


既に、他の方のブログで少しネタバレしてますが(笑)
次回は残りの戦利品を公開です。

おまけ。

IMGP0502.JPG
左:Lithops fulviceps v. fulviceps (微紋玉)
右上:Lithops terricolor (麗春玉)
右下:Lithops lesliei ssp. lesliei v. lesliei ‘Albinica’ (アルビニカ)

交雑の可能性がありますが、どれもホムセンで1鉢200円でした。リトープスも安く普及してきましたねぇ。
posted by フォル at 20:44| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2010年08月01日

多肉狩りツアー

いやぁ〜、6月6日のビックバザールから、まだ2ヶ月も経たないうちに新しいのが欲しくなっちゃいました。
そんな折、丁度かめむしさんが二和園へ行くというので、同行しようという話になったら、あれよという間に8人の集団に。そして、3業者ハシゴに。みんな飢えていたんだねぇ。(笑)

まずは、二和園。みんなモバイルで『ふたわえん』で変換かけても出てこないので、「にわえん」と読んでました。

IMGP0484.JPG

ここは、ご主人の趣味の品と売り物が混在して置かれているんですが、安さでは定評のある所です。その安さのせいか、ヤフオクに転売する輩も居て、この日も1人居ましたよ。
写真は趣味の逸品です。何の綴化でしょうかね?


続いて、星野松風園。ここは、昨年暮れに輸入した亀甲竜を無償で預かってもらってて、ご主人には頭が上がらないところです。(汗)
ビックバザールの時に、もう芽が出たと聞かされていたので、3ヶ月ぶりに会いにきました。

IMGP0485.JPG

IMGP0486.JPG

おぉ、2つとも元気に育っているよぉ。よかった。
5月に芽が出てしまったので、今時期は衰弱しないように風通しの良い木陰に出したのだそうです。
日本では亀甲が大きくて深いのが好まれている中、僕のは扁平で割れが細かく浅いタイプです。何でも、売ってほしいとご主人に交渉してきた人も居たとか。嬉しいですねぇ。

IMGP0487.JPG

花が咲いている奇想天外です。開花株は、なかなか見ることが出来ない貴重な存在です。いやぁ、目の保養になりますね。


そして、最後はグランカクタス。
この日から、優待セールでお昼頃にいくとお弁当(冷やし中華や盛りソバなど)を振舞うというものだったのですが、この日は客のほとんど(もちろん私らも含む)が優待を遠慮するという、ハプニング発生。(笑)

さすがに3件目ともなると、熱中症気味になってきて写真撮る余裕も無かったですね。後日、戦利品で紹介しましょう。
posted by フォル at 20:12| Comment(5) | TrackBack(3) | 日記

2010年06月06日

サボテン・多肉植物ビッグバザールに行ってきました。

何と言うか、とても疲れました。何に疲れたかというと、人ゴミにです・・・。珍品を撮影する余裕全然無かったですよ。

IMGP0417.JPG
午前9時過ぎの会場の様子。バッド(下向き矢印)
写真に写っているスペースは、出店者専用で通路は、満員電車並の混雑。

何と言うか、例年沢山人が来るというのが分かっているのに、昨年の会場の半分以下のスペースで開催するという、クレイジーな運営のおかげで、全ての出店者を回るだけで一苦労でしたよ。

以下は、ISIJの案内文から抜粋:
1年に一度、国内では最大規模のサボテン・多肉植物のビッグイベントです →昨年の様子。 会場では新企画として「多肉植物何でもご相談情報コーナー」を設けます。

昨年は通路広々なのが、分かりますよね。それと、「多肉植物何でもご相談情報コーナー」ってどこにあったんすか?(泣


というわけで、早々に体力の限界を感じ別フロアのマクドナルドでティータイム。今回、同じ多肉植物好きな方々とお会いすることになっていたので、会場ではなくここで落ち合うことに。
時間も忘れてお話が出来て、ホントディープな有意義な時間を過ごせました。

IMGP0419.JPG
pottaryさん作の個性的な鉢たち
この鉢、大人気でしたね。どんな多肉が植え込まれるのでしょうか。

戦利品は、後日紹介することになるかと思います。
皆さん、お疲れさまでした〜。
posted by フォル at 20:43| Comment(6) | TrackBack(3) | 日記

2010年05月01日

二和園⇒グランカクタスをハシゴしました。

なんて言うか、こう絶好の連休に良い天気!晴れと来たら、多肉の血が騒いでしまって、ついついサボタニが置いてある近場へと足が向いちゃうわけですよ。

で、行ってみたら行ってみたで多肉好きカップルが楽しそうに肉狩りしてたりするわけで、僕はそれを横目に寂しく探し物をするわけです。(うぬぅ。植物好きな年下の彼女が欲しいよぉぉぉ ※つまり35歳以下デス。)

というわけで、今日は午前11時から午後3時まで二和園で過ごしたあと、グランカクタスに午後4時から午後5時半まで居ました。(爆)
おまいは、どんだけ植物だけでヒマ潰せるんだとw

(ついでに、ヤフオクに放出品が出たので、ついつい安い価格にそっちにも入札しちゃったし、5/9にはEXOTICA注文があるし、今年のビックバザールは見るだけ見て1品だなぁ。ふらふら

戦利品の数々は、後日というかそのうち紹介出来るかと思います。


で、今回は人生で初めてのものを見つけたので、写真だけ撮ってきましたよ。

IMGP0299.JPGIMGP0301.JPG

何だと思いますか?
コレ、なんと緋牡丹と竜神木のキメラなんです!
キメラというのは何かというと、接木をした時に穂木と台木の細胞がお互い同士を自分の分身であると思い込んで、完全に細胞同士が混ざり込んで一つの生命体を形成したものです。

IMGP0302.JPGIMGP0300.JPG

全体の形と稜は竜神木の細胞で、その他の部分は緋牡丹の細胞で出来ているみたいですね。う〜ん、まさに合成生物(キメラ)。
接木されているので、増産されたらそのうち安く手に入らないかなぁ。
posted by フォル at 20:12| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月09日

種まき、植え替えの時期ですね。

IMGP0213.JPGIMGP0214.JPG

4月入って早々に体調を崩して更新が滞ってしまいましたね。いつも訪れて頂いている方には申し訳ないかぎりです。季節の変わり目、体調には気をつけましょうね。

さて、いよいよ春本番!種まきと植え替えの時期です。
私も先週までに、このコストパフォーマンス最高の容器に植わっていた去年の実生苗たちを発泡スチロール角鉢に植え替え、新たにサボテンの種を蒔きました。
今回は、主にサボテン相談室さんにて品質の良い種と実生用土を購入し、蒔いてみました。斑入りの個体から取れた種をメインにしたので成長は遅くても、良い班の個体が出ないか今から楽しみです。


IMGP0215.JPGIMGP0216.JPG
Aloe thompsoniae

先日、紹介しましたアロエ・トンプソニーに何と花芽が出現しました!アロエの開花は、木立アロエの真冬開花のイメージが強いので、今時期に咲くのは新鮮な感じです。ちょうど、ハオルチアの開花時期と合いますね。うっとり。

saeさんから多肉便が届いたよ!
posted by フォル at 21:14| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2010年01月29日

すべては、この出窓の一角から始まった・・・

エアプランツたち

葉から水分を吸収して生きている植物として販売されていたエアプランツ。
草姿は、普遍的な雑草とあまり大きくは変わらないが、根ではなく葉から水分を吸収するという、個性に惹かれたのは今から4年前。
今、残っているものは人間の都合というエゴから屋内に収容されず、冬の訪れと共に静かにその命の火が消えようとしている。

犠牲になったエアプランツたちに誓う。

もう、今共に暮らしている植物達にはこのような憂き目に遭わすまいと。
posted by フォル at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記