2010年12月21日

えっ・・・そ、蒼角さん!?

IMGP0869.JPG
Bowiea volubilis 和名:蒼角殿

球根愛好家では、毎度お馴染みタマネギの片翼の蒼角殿さんです。夏には涼しげな草姿を見せてくれた蒼角殿さんも休眠の時期を迎え、葉が枯れてきたので茎を切ったのが10月。翡翠色のタマタマだけのキュートな状態で春までお休みのはずだったんですが・・・

IMGP0870.JPG

ちょ、ちょっと!何を企んでるの蒼角殿さん!
今、何月だかご存知ですか!?今年も残すところ・・・って時期ですよ!?何で、新芽がこんにちわしてるんですかっ!?
10月に切った茎がまだ隣に残ったままじゃないですかぁ。

いやぁ、参りましたね。まさかこの時期に、つる用の支柱を用意しなければならんとは。

IMGP0871.JPG

どうやら、この蒼角殿というタマ。調べてみると日本では結構、季節ボケしているらしく夏型かと思ったら、あるトコでは冬型と言われたり、大蒼角殿という和名もあって蒼角殿とは別物であるかのように語られたりと、結構お騒がせモノらしいです。
ちなみに、うちのタマは直径7.5cmってところですが、大とそうじゃないのってどう区別するんですかねぇ。

鉢がかなり窮屈になってるんだけど、植え替えどうすれば・・・
posted by フォル at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 球根
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42194228
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック