2010年12月13日

CITESから除外されてるアロエさん

IMGP0847.JPG
Aloe barbadensis f. variegata 和名:アロエ・ベラ錦

アロエの中で、唯一ワシントン条約(CITES)附属書IIから除外されている、可哀想なアロエベラの班入りです。どこのご家庭にもある、木立アロエ(Aloe arborescens)ですら保護されているのに、何ででしょうね〜?

写真の株は、出てきた仔株を分けてもらったもので、しかも寒くなってから抜いたので、ちょっと元気無いですね。気温が低くて水分をあまり吸い上げない今、アロエの代謝の関係で外側の葉先から枯れこみが始まってます。春まで持つかなぁ。

IMGP0848.JPG

班の入りは、結構良い感じ。木立アロエ同様に、班入りというだけで専門業者じゃないと見かけないレベルになってしまうので、是非これを通常の株くらいにデカくして見た人を、ぬおぉっと言わせたいですね。もっとも、班入りでストライプ柄の木立アロエが、気持ちわるいって言われているだけに同じ末路かも・・・。
posted by フォル at 21:14| Comment(2) | TrackBack(0) | アロエ
この記事へのコメント
お、先日購入したアレですね。
ベラとは言え、これだけ斑入りだとまた違った魅力がありますよね〜。
これ、どれだけ大きくなるんでしょうね〜。
Posted by かめむし at 2010年12月13日 21:39
>かめむしさん

そうです。先日、購入したアレです。
その後ハシゴツアーで、もっと大きくて班もそれなりに良いのが鉢植えになっているのを見つけて、ちょっとへこみました。(笑)

もちろん、これも普通のベラの大きさになるんですよ?あぁ、考えただけでもウワーイ困った〜してる様子が目に浮かんで、楽しい。(爆)
Posted by フォル at 2010年12月14日 21:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42080354
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック