2010年11月20日

遠めに見ないと班が分かりづらい金鯱くん

IMGP0774.JPG
Echinocactus grusonii f. variegata 和名:金鯱錦

ということで、Bさんのアツイ要望を受けて冬季休眠前?の金鯱錦くんの登場です。
班回りは、およそ7割程度の株ですが写真では、丁度入っていない部分が隠れてますね〜。うちのは班がちょっと薄いので、このように少しカメラを引かないと分かりづらいんですよね。

まぁ、それでも拡大してみましょう。

IMGP0773.JPG

もうちょい班が濃ければ、高級品なんでしょうけど一介のベランダガーデナーとしては直径18cm(刺入れたら22cm)の球に班が入っているだけでも嬉しいもんですよ〜。冬季休眠前で、水を切ってあるので表面に少しシワが出てますなぁ。

以前、写真だけ見せたら日焼けじゃない?って言われた可哀想な過去があるので、比較用に今年の初夏に45℃の高温に置いて焼いてしまったノーマル金鯱の写真を・・・

IMGP0775.JPG
Echinocactus grusonii

いやぁ、痛々しいですね〜。
金鯱日焼けの特徴として、直射日光が当たる刺座直上と稜の谷間が焼けてますね。側面が焼けるほどの大火傷だと、今時期には組織ごと枯れているはずです。
posted by フォル at 20:25| Comment(4) | TrackBack(0) | サボテン
この記事へのコメント
アツイ要望をお送りしたbisuiです(*^_^*)
きれいですねぇ。
黄斑というのですかね?
とげの色と合わせていい感じです。
形もきれいだし、すごい金鯱ですね♪
Posted by bisui at 2010年11月21日 08:55
>bisuiさん

はい。もう、アツイ要望にお応えしちゃいましたよ。(笑)
綺麗と言ってもらえて嬉しいです♪
黄班なんですが、完全に葉緑素が抜けていない黄緑色に近い感じです。刺が無ければ、でっかい世界の図みたいな感じですね。

今年は、鉢が無くて5号に無理矢理植えてしまってしかも栄養不足気味なので、来年はサイズに合った鉢で肥培してあげる予定です。
Posted by フォル at 2010年11月21日 17:41
金鯱かっこええ!
来年鉢を緩めて肥培してさらにデカくするんですかw 10年以上植え替えずに居る方を知ってますが…。
Posted by 濾過一ファントム at 2010年11月21日 18:27
>濾過一さん

ふふふ。これは個人的に宝物ですよ。
いやぁ、やっぱ金鯱はある程度まで大きくするに限るでしょう。さすがに持てる範囲内でやめておきますが。^^;
Posted by フォル at 2010年11月21日 20:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41789988
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック