2010年11月13日

球根が溶けるメセンのようだ・・・

IMGP0755.JPG
Bulbine mesembryanthoides 和名:玉翡翠

球根植物なのに、地上に出てくる葉がまるで別種のような姿で有名なメセンブリアントイデスです。初めて見る人は、この葉の下にまさか球根が埋まっているなんて思わないでしょうねぇ。

こんな球根植物は、初めてなので管理方法を聞いて見るとハオルチアと同じ様な管理で良いらしい。意外と丈夫なんでしょうかね。

IMGP0757.JPG

拡大してみると良く分かる肉厚の葉っぱ。厚さは、1cm弱。球根に養分や水分が蓄えられているはずなのに、葉にもたっぷり水分が蓄えてあるとは面白いですね。しかも夏になると、この地上部分は完全に無くなってしまうのだそうで、不思議ですな。

IMGP0756.JPG

ある程度経つと出来てくる透明窓。これがメセンの様だって言われている由来ですね。触った感触もメセンそっくり・・・というより、腐れて溶ける直前のメセンの感触そっくりなんで怖いんですが・・・><
こ、これで良いんですよね?!
posted by フォル at 20:27| Comment(3) | TrackBack(0) | 球根
この記事へのコメント
うちのメセブリ、夏でも葉は落ちませんでしたが、夏の間はブヨブヨ葉でしたね〜。
季節によって触感は違うようです。
食べるなら今の時期が良いと思いますよ〜。
程よく弾力があって美味しそうです。
実際バザールの時に葉が折れてしまったメセブリがありましたが、葉の中は物凄い透明感で美味しそうでしたよ!
Posted by かめむし at 2010年11月13日 21:06
うちのメセブリは黄色い可愛いお花を咲かせましたが、寿命一年でした…。しかしブルビネも色々ありますね。花アロエ持ってますが、同じブルビネとは思えません。
Posted by 濾過一 at 2010年11月14日 07:24
>かめむしさん

いくら透明感があって美味しそうと言っても、食っちゃったら大事ですよ?w
夏の間は、地上部が無くなってもおかしくないのでブヨブヨは分かるんですが、今時期でも窓の部分とか結構柔らかいので、ビビりまくりですよ。


>濾過一さん

黄色の花が咲くんですね〜。ということは、晩春あたりですかね。こんなに葉に水分含んでいると、日光の熱でやられそうで怖いです。
ほんと花アロエと同じ仲間とは思えませんね。
Posted by フォル at 2010年11月14日 22:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41706440
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック