2010年11月12日

眉ブラシが出来ました〜。

IMGP0747.JPG
Haemanthus albiflos 和名:眉刷毛万年青(マユハケオモト)

先月紹介したばかりの眉刷毛万年青(マユハケオモト)が、いきなり花芽を上げてきて咲いちゃいましたよ!今年は咲かないかな〜っと思っていたのに、突然伸びてきたのでちょっとびっくり。
なるほど。こうして遠目に見てみると、何となく名前の通り眉ブラシですなぁ。

IMGP0748.JPG

花を拡大してみると、一つの鞘にいくつもの小さい花が納まっていて、これがブラシの毛の部分の様なんですねぇ。
こうして見ていると、アフリカ出身なのに何となく和風の雰囲気があるような。

IMGP0749.JPG

普通、球根の花芽って水仙等のように中央から出てくるイメージがあるのに、これは葉の横からニョキっと。これは異常ではなく、もともとこういうものだそうで中央に芽を作って成長点が無くなるのを回避しているのだとか。
それにしても、新しく出た葉が押しのけられて、居づらそうですよ?
posted by フォル at 21:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 球根
この記事へのコメント
およよ、マユハケオモトって普段、花と葉っぱくらいしか写りませんけど、
立派なタマタマ持ってるんですね〜〜
なんかそのうち手を出しちゃいそうでこわいw
Posted by ぢぇがむ(deagamn) at 2010年11月13日 00:29
>ぢぇがむさん

この種は、冬型になのに幅広葉っぱが夏も残るのでその影や土に隠れちゃって見えないんですが、かなり立派なタマタマなんですよ。
僕のは、ワザと浅植えしてタマ見せしてますが、本当は葉の付け根あたりまで土があるのデス。
Posted by フォル at 2010年11月13日 20:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41697077
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック