2010年11月03日

白粉のノリがイマイチなエケさん。

IMGP0708.JPG
Echeveria lauii メキシコ原産

どうもマニアックな多肉や塊根、球根しか持って無いように思われているようなのですが、こういうのも実はあるんですよ〜。ただ、強烈な個性を持ったのが好みなので、どうしても手元にある数が限られちゃうのですよ?(泣)

さて、今回は一般に多肉植物といえばコレだろうと言われているうちの一つ、エケベリア属からラウイーです。

IMGP0710.JPG

エケベリアの中でも特に白い粉を吹くことで有名だけあって、中心部分はまるでケーキに振りかける粉のようですね。(あの粉何て言うんだっけ・・・?)

夏の暑さは苦手ということなので、日陰で風が通るところに置いたら暑さに耐えるどころか、水をガブ飲みして育つ育つ。春と比べて葉の数が倍になりましたよ。
ラウイー君。正直、水やりすぎで腐れないか心配だったんだよ僕は。

IMGP0709.JPG

あ〜あ、うっかり指が触れて白粉が取れちゃった。粉は後からは吹いてこないので、取れちゃった部分はずっとこのままなんですよ。ちなみに、その下の葉は風で粉が飛んでいっちゃった状態。
うっすら、赤味がかっているのは気温が下がって紅葉が始まっているんですね。

そろそろ、庭で放置している他の株+金のなる木の越冬どうするか考えなくちゃ・・・。
posted by フォル at 21:29| Comment(3) | TrackBack(0) | その他の多肉植物
この記事へのコメント
シラコノリなエケさん♪
このエケの持ち味は粉吹いて真っ白な姿なんでしょうけど、
なんかこうして写真見てると、若葉のパウダリーホワイトと
古くなって粉が落ちた葉の褐色との対比ってのも
意外と味があるんじゃないかって思えて来ましたよ。
Posted by ぢぇがむ(deagamn) at 2010年11月04日 02:53
確かにラウィ、白粉が無いと普通のエケベリアですよね。
よってうちでは上から水をかけない、強風に当てない…など特別扱いですが、太陽と温度にはバリバリ厳しくしてあります。
やっぱり日差しが無いと粉が薄くなるんですよね〜。
ただ、周囲一周は常に粉が無い状態…。
なぜなら持ち上げる時なんかに手が触れるから(^^;)
やっぱこれだけは無理にでも大きい鉢に植えないとダメかねぇ…。
Posted by かめむし at 2010年11月05日 07:51
>ぢぇがむさん

まぁ、自然の中では強光と強風に晒されている環境でしょうから、本来は粉も剥げて荒々しい姿なんでしょうね。

>かめむしさん

やっぱり、強光じゃないと粉無くなりますか。
となると、光の強さが安定しないとシマシマになっちまいますね。大きい鉢に植え替えると、土の乾きが心配ですわ〜。
Posted by フォル at 2010年11月05日 23:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41585347
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック