2010年10月12日

モナデニウムの新発見種にも花が!

IMGP0632.JPG
Monadenium sp. nov. 原産:タンザニア国ムベヤ州Songwe村に流れる川の畔

何だか原産地がスゴイ事になっていますが、新発見種なのでしかたありません。学名も付けられていないので、見つかった場所を書いておくしか無いんですね。ちなみに、地図上ではこの辺りです。

正直、新発見種というのはどこぞに育て方が載っているわけでもなく、蒐集家にとってはちょっとした冒険なわけですが、もうね・・・新発見種なんて聞くと堪らなく魅力感じてしまうんですよ。
この性格、何とかして〜!
参考までに、輸入時の様子はこちら

IMGP0634.JPG

芋は、こげ茶色の鏡餅。本当は、上の段の一部だけ地上に出ているんでしょうけど、そこは多肉好きなのでもれなく芋見せですよ。
雨季、乾期のある地方産だから出来るワザですな。

IMGP0635.JPG

そして、これがお花。
これまただいぶ退化したお花ですな。それもそのはずで、ポインセチアでお馴染みユーフォルビア属の遠い親戚なのです。
ユーフォルビア属みたいに雌しべ1本だけとかいうレベルよりはマシですね。

IMGP0636.JPG

それよりも、急に涼しくなったせいでしょうか慌てて花を付けたようで、葉っぱがなんとも煮え切らない伸び方してますね。
冬に乾期を迎える地方原産なので、もうすぐお休みの時期なのです。日本に来て1ヶ月なのに、慌しくてごめんよぉ。
posted by フォル at 21:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 塊茎・塊根植物
この記事へのコメント
なんだこりゃ!
初めて見た!
あ、そりゃそっか、新種だからね〜。
いや、そうでなくても知らないものだらけだし…。
一応モナデニウムっぽい花なんですね。
それにしても面白いですなぁ。
そしてせっかくここまで育ったのに休眠なのか…。
あ、でもうちのモナデニウムもこれから開花みたいだから丁度良いんでない?もしかして。
Posted by かめむし at 2010年10月15日 13:19
>かめむしさん

そりゃ、コレを見たの初めてじゃないという人は、ラスボスを素手で殴り倒せる程の高レベルの人ですよ?
花期は、今時期で丁度ぴったりなんだけど、1ヶ月前には根も芽も無い芋だけだったので、かなり急ぎで芽出して、すぐ咲いちゃったのよ。
まるで、夏に撒いたアサガオのごとくですよ。
まぁ、花が終わったらゆっくり休んで頂こう。
Posted by フォル at 2010年10月15日 21:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41257243
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック