2010年09月29日

我が家の庭のウチワサボテンズ

すいません、何かもうネタがかなり傷んでますね。
庭でほったらかし系は、これでほとんど終わりですので、ヌルイ目で見てやってください。

IMGP0577.JPG
和名、対照学名とも錯綜中。 最も有名な和名:大丸盆

というわけで、茎節30cm超で盆のように丸く、青白い色で表面が粉っぽいウチワサボテンは、何でも大丸盆と呼ばれているようなので、これもその一つです。
錯綜具合は、ぱんさ氏のサボテンランドの中で詳しく書かれておりますので、省略です。

写真に撮影すると、サイズがわかりずらいので、ちょっとカメラを引いてみましょう。

IMGP0576.JPG

こんな感じです。奥に写っている白い直方体みたなものが、60cm水槽を横倒しにしたもの(⇔:36cm)なので、まだ草丈低い段階でかなり大きくなっちゃってます!

今は、良いけどどうすんのこれ?(笑)

さて、次は・・・

IMGP0581.JPG
Opuntia ficus-indica? 和名:大型宝剣

真ん中に写っている茎節1枚から、3つくらい出ているのがそうですね。これも名前が示すとおり大きくなっちゃいます。
極たまに、野生化した巨大なウチワサボテンが不気味な姿で生えている所があるでしょう?
あれも何種類かあるんですが、これもその一つです。

どうするんでしょうね、僕は。(爆)

ちなみに手前右下に控え目に2節だけ写っているのが、サボテンステーキ用に卸されている雑種その1、その右隣が野生化ウチワの雑種その2です。
雑種なんで、紹介も雑です・・・。

IMGP0579.JPG
Opuntia zebrina 和名:亀甲団扇

それなりに世話してあげれば、それなりに育つのにほったらかしなので、だらけてしまっているゼブリナくんです。
去年の冬に霜に当ててしまってから、ずっとだれています。今年は、保護してあげないといけないですね。

IMGP0580.JPG

茎節を拡大すると、特有の亀甲模様がはっきり分かります。
このウチワ、少し増えたので某GCで販売委託しようと持っていったら、『うちにもあるし珍しくないよ〜』って言われたので、思わず安値付けたら、速攻で大物ばかり御持ちの蒐集家に買われていきましたよ。

何と言うか・・・。
僕、やられちゃったね? やられちゃったねぇ〜?!
posted by フォル at 20:21| Comment(2) | TrackBack(0) | サボテン
この記事へのコメント
いや、ほら、珍しく無いけど欲しかっただけかもしれないですし^^;;
またはたまたま同じような色形の株を以前から所有してただけかも・・・。
まぁでもこのゼブリナってやつ、ちょっと良いですよねw
それにしても庭、サボテンだらけですね〜。
そりゃご家族と揉めr・・・・あ、なんでもないです^^;;
きっとうちの末路も似たような・・・。
Posted by かめむし at 2010年09月30日 08:53
>かめむしさん

まぁ、このゼブリナはまだまだ日本じゃ流通は稀なので、欲しいと思う人居るというのは分かるけど、その場で狙ってたかのように即買いされたので、協会やその他で行われているセリで最安値で叩かれたような気分にでしたよ。みんな、僕よりずっと年上の方々ですし。

庭は、圧倒的に親の植木類の領土なのですよ。写真では、いっぱいあるように見えますが、それほどスペース取ってるわけでもなく、溶け込む様にその隅や隙間にちょっと置いてあるだけです。景色に溶け込ませられれば勝ちです。
Posted by フォル at 2010年10月01日 21:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41006089
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック