2010年09月27日

輸入した芋が早くも開花!

IMGP0584.JPG

今月の初めにドイツから到着した芋たち(当時の様子)とアロエは、空輸や日本の残酷暑を物ともせず全員無事に根付いたようです。よかったよぉ。

なんて、安心してたら!!
もう、お花付けちゃったやつが居ましたよ。

IMGP0586.JPG
Raphionacme madiensis タンザニア原産

花びらが細くて、ナスの花のような紫色がほんのりと。
そして、花の中心でやぐらの様に組みあがっているのは、おしべでしょうかね?ずいぶんユニークな花だなぁ。
花だけ見ていると、とても多肉植物には見えませんね。でも、株元を見ると・・・

IMGP0587.JPG

ど〜ん。植木鉢が4号=直径12cmなので、ざっと9cmの塊ですよ。
調べてみると、どうもこの種はこのくらいの大きさの芋で、草丈が20cmくらいに纏まるらしいので、丁度手頃で良いですわ。

同時にTalinum tenuissimumも花を付けたのですが、どうも主人の目が届かない時間に、こっそり咲いているようで、気が付いたら自家受粉したっぽい実が付いておりました。
写真とらせてくれ〜(笑)
posted by フォル at 21:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 塊茎・塊根植物
この記事へのコメント
結局、うちの例のアロエはタマ部分がダメになっちゃいました。
今葉っぱだけが少し残ってますけど、
葉挿しのし難いアロエなだけに根付いてくれるかどうか。。。
結構、繊細な子だったんですね><
T.tenuissimumは今のところ問題無し。
植え付ける前から伸び始めてましたしw
たださりげなく蕾は付けるんですけど肝心の花が。。。^_^;
日照不足なのか栄養不足なのか気温なのか、咲いた痕跡も無くて。
ただ、もう時期も時期だし来年に期待ですかね。
Posted by ぢぇがむ(deagamn) at 2010年10月02日 04:57
>ぢぇがむさん

球根性アロエにかなり苦戦しているようですね。うちには、輸入前から球根性アロエは1種居るんですが、こいつも普通のアロエやハオのように水やると腐るみたいなので、今回のも含めて渇き気味で遮光下に置いてます。

タリナムは、この後の記事でいつの間にか咲いているというステキな事に、直射日光下ならまだ群馬でも花いけるかもしれませんよ。
Posted by フォル at 2010年10月02日 21:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40966620
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック