2010年09月24日

冬型のゲチリスが眠らず、夏超えしました。

IMGP0557.JPG
Gethyllis namaquensis

ゲチリスは、夏に休眠して冬に成長するタイプなんですが、何故か青々としているばかりではなく、育っちゃっています。
いやぁ、こんな事もあるんですね。しかも、今年は異常気象で残酷暑が何日も続いたにも関わらずです。

ちなみに前回の様子はコチラ

明らかに育ってるでしょ?
一緒に居た、シュードリトスくんは別の鉢に植え替えられて、ちゃんと生きてます。

IMGP0560.JPG

夏の間、用土に埋めておいた球根も拝見。
おぉ〜。ちゃんと、一回り大きくなってるよ〜。でも、これ最終的には直径10cmにもなるんだっけか?

考えてみれば、北半球の日本が夏だったら、南半球の南アフリカは冬なわけで、もしかしたらこの子は輸入モノだったんですかね。
しかし、一緒に来た他のゲチリスは、しっかりおねむですよ。(永眠じゃないと良いのだが)

一部のオーニソガラムやアルブカは、目覚ましにかけたけど、残りの冬型は、いつ起こそうかしら?
球根って、一般的な多肉とは全く性格が違うから、面白いけど難しいのよねぇ。
posted by フォル at 18:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 球根
この記事へのコメント
気温じゃなくて乾燥で休眠するとかですかね。
現地では雨が降らなくなるから夏に休眠しても、
水さえあれば暑さにも耐えるっていうヤツも中にはあるのかも知れません。
冬型て言われてるアルストニーも、
暑いからって水切ってたら炎天下で入眠どころか入滅しちゃいましたし、
世の中わからない事多いです^_^;
Posted by ぢぇがむ(deagamn) at 2010年09月24日 20:13
>ぢぇがむさん

いやぁ、球根植物って休眠する時期が来ると水分があってもおのずと葉を落としにかかるので、そのタイミングで給水をやめるのが大抵のパターンなんですが、この子だけは晩春に水を切っても葉が落ちないどころか、成長を続けちゃったんですよ。
購入元のF川さんも、春先でも涼しい場所だったからでは?と首をかしげていたんですが、真夏を乗り切っちゃうとなると、温度でも無いような。
分からない事は、身近にも転がっておりますなぁ。
Posted by フォル at 2010年09月25日 00:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40906677
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック