2010年08月09日

Jatropha podagrica

IMGP0489.JPG

グァテマラ、パナマ原産。和名は、珊瑚油桐(サンゴアブラギリ)。

割りと出回っている、ヤトロファです。本当は、幹をぷっくりと太らせると格好良いのでしょうけど、うちのは縦に長くなってしまったので、写真は上部です。

IMGP0488.JPG

これが、お花の部分。この赤い部分がまるで珊瑚のようなところが、名前の由来です。綺麗ですね。

IMGP0490.JPG

これが根元の部分。はい、見事に徳利ですね。これ、真上に伸びている枝を思い切って切り戻してやると、太ってくるんでしょうかね。どうも、僕には盆栽のセンスが無いみたいで、良い形に作れないんですよね。


おまけ。

IMGP0491.JPG
Urginea epigea

実は、つい最近まで水をやらなかった所にたまたま雨が当たったら、出てきたんですよ。で、よくよく原産地気候を調べたら、実は思いっきり夏型じゃん!というわけでイキナリ日なたデビューです。
だって、手に入れた時は冬でも葉があったんで、てっきり冬かと思ってたんですよ。
posted by フォル at 20:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 塊茎・塊根植物
この記事へのコメント
ヤトロファ、しょっちゅうHCなんかで見掛けて、気になりつつもスルーするものですね〜。
だって売ってる株って激大きいのだったり元気が微妙なのだったり・・・。
お手ごろ価格でお手ごろサイズが居たら連れて帰るのに^^;
Posted by かめむし at 2010年08月10日 05:19
>かめむしさん

ホムセンで売っているのは、枝を伸ばしてワザと大きくしてあるものが多いですよ。そうしないと高く売れないからなんでしょうけど・・・。
ヤフオクとかでたまに手頃なの出てないかしら?
Posted by フォル at 2010年08月10日 20:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40071434
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック