2010年05月31日

Pseudolithos migiurtinus

IMGP0381.JPG

ソマリア原産。和名は、ありません。

難物と言われた、高級ガガイモのシュードリトスちゃんです。最近では、流通量が増えたせいかは分かりませんが、以前は直径の大きくてお高いものしかなかったのですが、写真のように2号鉢に納まるくらい小さいのもあるようです。

というか、破格の二和園で手に入れたんですが、いくら脇芽をカキコしたとはいえ、植えもせずに転がされていたので、拾いあげて購入したら1個200円でした。いいのだろうか?それで。

IMGP0382.JPG

で、我が家のルールで出来るだけ強光線で育てる方針で、最初はガンガン日に当てていたのですが、まだ小さいのとこれからの時期は流石に厳しいだろうということで屋内に退避。柔らかな光で育てたら、来た時の1.5倍くらいに育って、ぷくぷくに。これがまた何とも可愛いくてたまりません。

でも、そこは難物・・・右下の顔色の悪い子は、腐れて逝ってしまいました。これが、突然逝くガガイモの怖いところなのね。
posted by フォル at 20:23| Comment(3) | TrackBack(0) | その他の多肉植物
この記事へのコメント
まんじゅう…w
Posted by maho3 at 2010年05月31日 23:06
スファエリクムとミグイルチヌスって同じものなのでしょうか?
これ、うちにあるものと同じ物ですよね?
向山さんはスファエリクムって名札つけてくれましたが・・・。
おまけに300円でしたが・・・。
未だにあんなに残ってるところを見ると、いまいち売れなかったんでしょうねぇ。
最初実生苗で育苗トレーに植わってた時、150粒以上ありましたし。
ん?脇芽カキコ?
あ、違うものかしら?
Posted by かめむし at 2010年06月01日 02:25
>maho3さん

いらっしゃ〜い。アフリカの高級まんじゅうですよ。大きくなると、このイボイボが更にいっぱい増える、キモかわいい奴です。


>かめむしさん

シノニムなので、同じものを差してます。
木箱の中に無造作に放り込まれていたのを、そのまま救出してきたんですが、その時はカキコって言ってました。
育苗トレーに入っているのは、見たことが無いので、もしかしたら出は違うものかもしれんですね。
Posted by フォル at 2010年06月01日 20:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38686649
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック