2010年05月10日

Lophophora diffusa

IMGP0329.JPGIMGP0331.JPG

アメリカ・テキサス州南部〜メキシコ原産。和名は、翠冠玉、ディフューサなど。

ついに出てきましたね。お餅のような肌ざわりのロホホラ。柔らかくて、ぷにぷにしているので、この子の様子を見た時は必ずと言って良いほど、触れています。この子は、かなりの扁平球であまり高さが無いので、ほんと鏡餅の土台ですね。

そんな親木を尻目に、仔がむくむくと下から出てきて大きくなってきているので、段々親が持ち上げられて土から抜けてくるという面白いことになってますねぇ。仔の大きさも5cmを越しているので、そろそろ切り離さないとダメかな。

ロホホラの仔は、エキノプシスみたいに手で取れるわけではなく、刃物でゴリゴリやらないとダメなので、手術後の切り口を消毒乾燥して、仔は根出しもしないとダメなので一苦労なのですよね。時期も良い頃だし、天気の良い休みの日に分離しましょうかね。
誰か、仔要ります?(^^;

そういえば、NHK趣味の園芸・新園芸相談I サボテン&多肉植物 NHK出版(※)には、翠冠玉とディフューサは別物のように書いてあるんですが、対照する学名が分かれていないんですよね。


※記述:P67〜68

翠冠玉:肌が黄緑色または白緑色で、烏羽玉より大きく長い綿毛をもち、いぼ状の稜が目を引きます。花は、白か薄いクリーム色です。球体の大きさは成球で10cmくらいです。

ディフューサ:つるっとして、稜があまり目立たず、白か薄いクリーム色の花をつけます。


この本を監修しているのは、確かISIJのK会長ですのぉ。特に、ディフューサは、こんな曖昧な記述で良いんですかねぇ?
私は、サボテン界の大御所T.K氏から「翠冠玉」として入手したんですが、どっちですかぇ?(笑)
で、ちなみに私の個体の大きさは、親木が13〜14cmくらいですよ?
posted by フォル at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | サボテン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37843203
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック