2010年04月25日

Euphorbia echinus

IMGP0281.JPGIMGP0282.JPG

モロッコ原産。和名は、大正キリンなど。

大正時代に日本に導入されたので、大正キリンと安易な名前が付いちゃった大正キリンです。ちなみに昭和キリン(Euphorbia bubalina)という名の付いたユーフォルビアもちゃんとあります。明治と平成は残念ながらありませんが。

写真では、真ん中にちゃっかり紅キリン(Euphorbia aggregata)がちゃっかり住んでいますが、左右の柱サボテンのような2本が大正キリンです。奇怪な形が多いユーフォルビアの中で、柱サボテンそっくりで端正な形をしているのが、逆に渋くて好きです。

もう少し大きくなると、途中から分岐してカウボーイ映画に出てくるようなサボテンをミニチュア化したような感じになるので、今から楽しみです。これ、テラコッタ植えにして花屋さんで売り出せば人気が出そうな気がするんですが、ほとんど置いてないんですよね。

ひさびさにこのコーナーがきましたね。さて、今回紹介するあの子はこれです!

IMGP0277.JPGIMGP0280.JPG
Ornithogalum sp. nov.,Vanwyjkskraal

はい。オーニソガラムの新種、球根直径僅か1.5cmの超小型種です。やっとお花が咲きました。この小さな球根なのに充実していて花芽を3本も上げてきたんですね。蕾も米粒より小さい!(><
でも、お花はちゃんとオーニソガラム特有の緑すじ入りなんですよ。可憐で可愛いですねぇ。(うっとり)

IMGP0279.JPG

これ、とても可愛いんですけど、ちっちゃっくて受粉させるの難しいですよね〜。旺盛に分球してくれると嬉しいですが、どうでしょう。
posted by フォル at 20:51| Comment(2) | TrackBack(0) | ユーフォルビア
この記事へのコメント
オーソドックス系ユーフォですね。
これ系はあまり好みでは無いのですが、これはこれで成長した姿は立派なので楽しみでもありますよね(^o^)

お、オーニソが咲く時期なんですかね?
うちのオーニソは気配も無く…。
たいして離れてもいないけど、もしかしてそちらの方がうちより暖かい?
Posted by かめむし at 2010年04月26日 19:24
>かめむしさん

はい。オーソドックス系でありながら、あまり花屋でも見かけない可哀想な子です。早く分岐して西部映画のミニチュアになって欲しいものです。

うちのオーニソ、咲くの早いですかね〜?
もっとも、良く日の当たる特等席においてあるんですが、野ざらしですよ?
Posted by フォル at 2010年04月26日 21:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37365012
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック