2010年04月23日

Lithops otzeniana C128

IMGP0266.JPGIMGP0267.JPG

南アフリカ・北ケープ州Loeriesdontein北北西35km地点。和名は、大津絵。

某女史のアツイ要望にお応えし、今回は、池袋西武屋上の某老舗サボタニ園の芸術的作品をお送りしたいと思います。リトープスの中でも、特に個性的な模様で人気の高い大津絵。それを鉢一杯に惜しげもなく使った作品です。では、芸術的な点を拡大して紹介しましょう。

IMGP0268.JPGIMGP0271.JPG

まず、左側からです。ご覧頂けますでしょうか?実に見事な多段脱皮でございます。3段脱皮と思いきや何と、一番小さい子の中には次の子がスタンバイ中の4段脱皮!素人には、マネの出来ない老舗ならではの未知の領域です。

では、次は右側です。これもかなりの大技。中央に見えてるのがご先祖様で、右下がそのお子様。しかも、お子様は双子だったらしく、良く見るとご先祖様の下に埋もれています。お子様は、更にお孫さんを産み、お孫さんはスペースが無くてひ孫を産めないという、日本の住宅事情を表したかのような仕上がりとなっております。

2.5号鉢に大家族を見事に表現した、某老舗には次の言葉を送りましょう。

このヘタクソ!www
posted by フォル at 20:44| Comment(2) | TrackBack(0) | リトープス
この記事へのコメント
こ・・・これは!

ホントに四重だ・・・ww

親も祖父も曽祖父も、みんな生々しいなぁ。

これどしたの?
わざわざ買ってきた?w

Posted by 弁慶 at 2010年04月23日 21:01
>べんけ〜さん

いちおうまともなのも半分あったから、わざわざ買ってきちゃったよぉ。ww
今家にあるのも含めて、育苗トレーにお引越し予定。
Posted by フォル at 2010年04月24日 19:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37331576
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック