2010年04月03日

Euphorbia cv. 'TAISYUNSYO'

IMGP0199.JPGIMGP0200.JPG

戦前からの交配種(詳細は不明)。和名は、待春抄。

枝が四方八方に伸びていく、いわゆるタコものなんですが、この待春抄は、他のタコものと違って、枝がすんぐりむっくりであまり伸びなくコンパクトに纏まってくれる可愛いやつです。

その枝の1本を挿して発根させて成長させたのがコレですね。なんとも頭でっかちな姿になっちまってますが、その妙なところがこれまた良いのです。タコものの姿に戻ろうというこの意思を感じるところが見ていて嬉しいです。

花が咲くと良い香りがするとのことなんで、その日が待ち遠しいですね。

不定期連載、『あの子は今・・・』今回は第2回をお送りしたいと思います。第2回はこの子!!

IMGP0206.JPGIMGP0207.JPG
Bowiea volubilis

蒼角殿くんです。以前は、つるがひょろっと1本伸びた姿でしたが、今は脇芽がどんどん細分化していき、何とも涼しげな姿になりました。しかしこの子、春の時点でこの姿になって成長が止まってしまいましたが、秋までこの姿でずっと過ごすんでしょうか。
まぁ、まだ小さいからこんなもんでしょうね〜。

あの子は今・・・では、過去に紹介した子の今の姿を随時紹介しております。リクエストのある方には、コメント欄にそのアツイ思いを書いて送信してください。お待ちしております。
posted by フォル at 20:29| Comment(3) | TrackBack(0) | ユーフォルビア
この記事へのコメント
なるほど・・・いろいろ検索してみました。
交配種は不明ということですが、何となく孔雀丸の血を感じますね〜。
しかも枝を挿したものだと・・・。
そんな方法があったのか・・。

蒼角殿、うちのと同じような感じ〜。
リクエストは、エマニエル坊やの今・・・を。
Posted by かめむし at 2010年04月03日 22:21
待春抄、ウチにありますですよ。仰る通りお花が良い香りがします。孔雀丸もしますけどね。

タコ物ってこうやってタコ足から育てることが出来るのが面白いですよねw

蒼角殿、もうこんなに成長してるの?すごいなあ。ウチのはまだこれからです。

そうそう、先日E.グロボーサ紹介してましたね。僕は☆にしちゃったのでEXOTICAに注文してあります。早く届かないかな〜。
Posted by 濾過一ファントム at 2010年04月03日 23:19
>かめむさん

おそらくタコ物と寸胴物の交配で生まれたような感じですね。寸胴物でも良く胴切りして、根だしして増やすことあるじゃないですか?あれをタコ足でやったというワケです。

エマニエル坊やは、出演拒否してます。残念w


>濾過一さん

タコ物も暴れずにコンパクトに纏まると可愛いものがありますよね。お花、どんな香りするか楽しみですよ。

蒼角殿、なんかもう成長するの終わっちゃったみたいで、ここ2,3週間この姿です。ずっと部屋に匿っていたから、伸びるのが早かったのかな・・・
Posted by フォル at 2010年04月04日 22:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36851187
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック