2010年03月29日

Euphorbia globosa

IMGP0188.JPGIMGP0191.JPG

南アフリカ・ケープ州原産。和名は、玉鱗宝。

異形のユーフォルビアの中でも異彩を放っている玉鱗宝くんです。見ての通り、玉がくっついている姿なのですが、面白いのは先端の方の玉だけ緑色で、あとは木質化しているんですね。なんだか酵母菌のようなやつですね。

この子は、かき仔で根出しが終わってこれから増える予定なので、まだちびっこいですが、ゆくゆくは大群生にしていきたいですね。しかし、異種交配でこのユニークな形を引き継いだハイブリッド作れたら、いいなぁ。
posted by フォル at 20:21| Comment(3) | TrackBack(0) | ユーフォルビア
この記事へのコメント
いや〜いいですねぇ、これ。
なんとも言えない良さ…。
それにしてもフォルさんち所有鉢の全貌を見てみたいです。
訳分からないものがワンサカありそうで…。
Posted by かめむし at 2010年03月30日 21:26
なあんか、面白い姿のエウホさんですねぇ。。。
多肉性ユーホルビアのイメージが根底から覆されちゃった感じです。
しっかし、ハイブリッドの作出を目論んでいらっしゃるとは
何とも志が高いですね♪
ユニークなのができたら買いますおw
Posted by ぢぇがむ(deagamn) at 2010年03月31日 00:49
>かめむしさん

いや、決して何かを狙っているわけでは・・・
うちは、狭いベランダガーデンなので、多肉の載っている棚は、殺風景極まりないですよ〜。
今回のシリーズの通り、ついに謎の植物まで出ちゃいましたw


>ぢぇがむさん

このエウホさんは、エウホの中でも特に変わった形をしているんですよ。新発見種の中にもユニークな形のがあるんですよ。エウホは、多様でフトコロが深いっす。
Posted by フォル at 2010年03月31日 21:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36750683
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック