2010年03月28日

Euphorbia anoplia

IMGP0177.JPGIMGP0179.JPG

南アフリカ原産。和名は、アノプリア。

この子は、ユーフォルビアの中でも小型種に分類されていて、あまり大きくならないんだそうです。家人に冷たい目で見られながら、細々と蒐集しているベランダ(と屋内)ガーデナーには、嬉しいですね。

見た目も、てっぺんの辺りがサボテンの亀甲ヘキランみたいな感じで、感性を刺激してくれます。これ、ある程度伸びたら、いっぱい仔吹きするんでしょうか?群生した姿も素敵でしょうね。花が咲かないと性別が分からないんですが、どっちかな〜。

以前、記事にしたお団子オベサは、開花して女の子だというのが分かりました。部屋の中で過保護にしてたら、お婿さん探す前にお花が終わっちゃいました。w
posted by フォル at 18:58| Comment(2) | TrackBack(0) | ユーフォルビア
この記事へのコメント
またレアなユーフォを…。
なるほど、確かにヘキランっぽいですね。
ユーフォもホントに色々あって訳分からん(^^;)
ユーフォの花を見ても雌雄の判別が出来ません。
Posted by かめむし at 2010年03月29日 12:44
>かめむしさん

このユーフォも二和園の中良く探せば出てくるかもしれないですよ〜。別のところで手に入れましたが、600円でしたし。^^
ユーフォの花は、拡大して見ると花粉付いてるのが見えるので、それが雄ですね。雌は、めしべが3つに分かれてるだけ・・・
Posted by フォル at 2010年03月29日 19:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36732374
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック