2010年03月23日

Euphorbia valida

IMGP0168.JPGIMGP0169.JPG

南アフリカ・ケープ州原産。和名は、万代、バリダ。

オベサ(Euphorbia obesa)やホリダ(Euphorbia horrida)並に普及している種です。植物を瀬戸鉢に植え込んで、高い値段で売っているお店にもごくたまに見かけますね。この種は、お花が咲いた後の花芽の茎が、バリバリに硬く乾燥して角のようになって残るんですよ。

・・・だから、バリダ?

すいません、かなり無理があったようです。m(__)m
玉型のエウフォルビア(ラテン読みだとこんな感じです。)は、サボテンと違って表面にデフォルトで色の切り替わりがあったりして面白いですね。このしましまが結構お気に入りです。
posted by フォル at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ユーフォルビア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36626877
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック