2010年02月20日

Senecio mweroensis ssp. saginatus

IMGP0049.JPGIMGP0051.JPG

アラビア〜ケニア原産。和名は、サギナータ、サギナーツスなど。

かめむしさんのところで、S.picticaulisとどっちなんだよぉ!?と育て主を迷わせているサギナータさんです。(笑)
確かに色々調べても区別しづらいのですよね。枝分かれして割と細く高くなるのがピクチカウリスで、ずんぐりむっくりで米俵が縦に積み重なるように(?)育つのがサギナータらしいです。

にしても、この独特の模様がユニークですよね。これでも菊の仲間というから不思議なんですよね。丁度、てっぺんに新しい節が芽生えてきているので、これからどんな形に育つのか楽しみです。夏に花を咲かせるみたいなので、咲いてくれるといいのですが・・・
posted by フォル at 21:29| Comment(4) | TrackBack(0) | その他の多肉植物
この記事へのコメント
お〜、これがサギナータか・・・。
うん、うちのとは違う感じですね。
ということはやはりうちのはピクチカウリスかしら?
それより早く新芽が出ないかと・・・生きてるのか?と・・・心配で^^;;

あ、トラバありがとうございました!
Posted by かめむし at 2010年02月21日 05:51
>かめむしさん

たぶん、ピクチカウリスじゃないかなと思います。ピクチカウリスは、萌芽力旺盛なので、もうちょっと暖かくなってくれば、すぐ新芽が出てくると思いますよ〜。
Posted by フォル at 2010年02月21日 18:09
増えたら分けてくださいwww
Posted by 濾過一 at 2010年02月22日 21:20
>濾過一さん

ウチワサボテンのように節が増えたら、そのうちちょん切って送りますね〜。
Posted by フォル at 2010年02月23日 20:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35459924
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック