2011年01月15日

しばらく、お休みします。

諸事情により暫くの間、更新を一時的に休止します。再開時期については未定ですが、再開できる状況が整い次第再開したいと思っております。

当ブログをご覧頂いた方々に感謝申し上げます。
posted by フォル at 19:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月12日

ウリが季節間違えたようです

IMGP0916.JPG
Kedrostis capensis

ウリと言っても、日本でおなじみの西の瓜や南の瓜とは違って、南アフリカに生えているウリでございます。ご覧の通り、地上部に立派な塊茎があるので夏型のこいつは、本当は今時期熟睡のはずなんですよ。

IMGP0917.JPG

なのに、なんで目覚めちゃったの〜!?
しかも茎が多年性なので、茶色い樹皮を被った茎の先から、緑色の茎がコンニチワ。
これ、なんだかんだで2m以上も茎が伸びるんですよ。ウリだけに。
かといって、こんなクソ寒い時期に外に出せるわけなく・・・どうしよう。もう1度寝てくれるかなぁ。
posted by フォル at 21:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 塊茎・塊根植物

2011年01月10日

ISIJ新年大会の戦利品

さぁ、今回も読む人にはたまらない魅惑のタイトルがやってきましたよぉ。
やっぱり、他人の手に入れたものというのは、気になります。(笑)

IMGP0905.JPG

今回は、こちらの5株!
内訳はというと、購入1株、頂き物2株、ビンゴ商品2株(セットだった)。
え?少ない?

・・・えぇ、諸般の事情に加えまして、よりによって日曜日の夕方に労働を強く要求する会社に折れまして、セリ半ばで会場を後にしたのでございます。

では、唯一の購入品から!

IMGP0906.JPG
Senecio sp.

この見せ球根みたいな姿が、まさにストライクゾーンど真ん中でしたね。いやぁ、やられましたよF川さん。(笑)この子も大事にしますね。

お次は頂き物!

IMGP0910.JPG
Haworthia hyb. 'Luna'
(H. nortieri v. globosiflora x H. cooperi)


caeruleaさんからの頂き物のハオルチアの交配種「ルナ」です。かなりくたびれたお姿(ゴメンなさいw)ですが、これはカキ仔の発根促進の為に乾燥させてたからですね。しかし、我が家はハオルチアがかなりワイルドな姿に育つ家柄。・・・だけど、頑張ってみよう。

お次もcaeruleaさんからの頂き物!

IMGP0909.JPG
Graptopetalum pachyphyllum

いやぁ、小さい!
我が家初、奇跡の1号鉢植えですよ?これでも、立派な挿し芽サイズなんだとか。いやぁ、エケとかグラプトとか全然分からない僕ですが、小さすぎて凄く心配w

お次はビンゴの景品(かなり後の方・・・ビンゴ運無いんですよ。)

IMGP0913.JPG

ええと、この辺は全然疎いので頂く方としては札があるとスゴク助かるわけですが・・・。たしか、アエオニウムですよね?詳しい方、これ何だか教えてください。

ラスト!

IMGP0911.JPG

限りなく、Albuca humilisくさい謎のタマ。すごく緑色していたので、完全見せタマで植えてあげました。本当はベルセミアっぽいタマがあったので、そちらに手を伸ばしたんですが一瞬のうちに他の人に掠め取られてしまった。う〜む、残念。

それにしても、展示品にも小型球根植物かなり多くなりましたね。大型球根植物は、多肉として受け入れてもらえる日来るかな・・・。
posted by フォル at 20:51| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月07日

間違えたセネシオが、生きオブジェの巻

IMGP0903.JPG
Senecio kleinia

実は、このクレイニア。当時、ピクチカウリスに魅せられて探していた時に、勘違いして購入してしまったもの。後で調べてみたら、実は育つと3mほどの低木になるというシロモノ。いや、そんなんなったらどないしよ・・・と思いつつ、気付いたら水をやる程度していたら案外育ちませんでした。というか、まるで生きオブジェ。大きくならないのは、良いとして変化が無いのは困った。

IMGP0904.JPG

この独特の唐草模様。サギナーツス、ピクチカウリスにもあるこの模様に、思いっきり勘違いしてしまったのですよ。購入したのが、あの残酷暑真っ盛りの温室内だったから、きっと手に取ったときは違うものが見えていたんでしょうねぇ。
とはいえ、ゆっくりでも変化が無いのは面白くない・・・新明解風に言うと、もう少し何とかならないのかという状態。でも、大鉢に植え替えて派手に動き出したら困るわな。(笑)
posted by フォル at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | その他の多肉植物

2011年01月05日

すごい入れ替わりですねぇ。

IMGP0900.JPG
Bulbine mesembryanthoides 和名:玉翡翠

真冬は、植物全般(冬型といえども)において成長が鈍る時期なんですが、そんなこともお構いなしに成長しまくっているのが、このブルビネさんです。
アロエなどにも見られるんですが、これも代謝的に外葉はある程度経つと意図的に枯れて、内葉に水分を移動して生命維持をしていく植物なんですが、そのスピードがとんでもなく早いんですよ!

どんだけ早いかというと、たった1ヶ月で全部の葉が入れ替わっているほど。
画像では葉先が透明になって、どんどん萎んでいる感じですが、これが健全な状態。あぁ、心臓に悪い。(笑)

IMGP0901.JPG

冬の寒さに当たって、うっすらピンクに・・・と言っている間に、どんどん先っぽから萎んでいっちゃう。まさにメセンが腐って溶けるときの様子に酷似。ううっ。

IMGP0902.JPG

今月になって真ん中から何か出てきましたよ?おお、花芽だよぉ。
でも、葉に比べてエラく小さいような・・・サイズ合ってる?
posted by フォル at 20:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 球根