2010年12月12日

ラケナリアの花期ですね〜

IMGP0844.JPG
Lachenalia viridiflora

多肉植物愛好家の中で、今かなりのブームになっているのが、アフリカ産の小球根。昨日ハシゴした二和園やグランカクタスでも以前は見かけなかった、マッソニアやアルブカ等の球根も入ってきておりました。球根類も多肉植物愛好の範囲に入ってきたのも、時代ですかね〜。

さて、冬になって普通の花が乏しい時期に満開になることで人気がある、ラケナリアさんです。特にこのヴィリディフローラは、透き通った水色を咲かせる人気種です。

とはいえ、これはちょっと適当に育て過ぎましたねぇ。のんべんだらり〜な感じで育っちゃってます。スペースの関係とはいえ、5cm角鉢にギュウ詰めに植えたら花が少ないのは当然ですね。(汗)

IMGP0845.JPG

花数は少ないものの、透き通った水色。こんな綺麗な水色の花を咲かす植物って、意外に無いですよね。このお花が終わって、葉が黄色くなったら来年までおやすみなさいです。意外に、地上部がある時期が短いかも。

IMGP0846.JPG

ラケナリアって、他のサイトを見に行くと葉に見事なブチ模様があるのを結構見かけるのに、うちのはブチ模様一切なし。昨年、池袋で買ってきた時も無かった気がするけど、個体差?
一応、日中に日光が入るところに置いたので、日照不足って事は無いハズだけど、なんでだろうねぇ。
posted by フォル at 21:08| Comment(0) | TrackBack(1) | 球根