2010年12月31日

くるくるで今年一年の締めくくり

IMGP0889.JPG
Albuca namaquensis

くるくるパーマがちょっと失敗だった、ナマクエンシスのその後です。どうです、この見事なくるくるというか、もじゃもじゃ(笑)
何と言うか、インスタントラーメンのようです。

IMGP0890.JPG

同じナマクエンシスなのに、面白いことにこっちは太い葉っぱのみで、豪快にくるくる。

IMGP0891.JPG

こっちは、外側の葉っぱはパーマ失敗なのに、内側の葉っぱはくるくる。しかも内側の葉っぱはわりと細め。へんなの〜。

IMGP0892.JPG

そして、派手に分球〜♪
球根の外周だけではなく、中でも分裂するのね。既に球根の見えているとこだけで4cmはあるので、葉が無くなったら植え替えしてあげないとダメですね。
はぁ、それにしてもこのくるくるの不思議な葉っぱ見ていると、しばらく嫌な思い出も吹き飛びそう。

今年は、これまでになく心に傷を負った出来事が多かった年だっただけに来年は、もっと充実した年にしたいですね。特に、邂逅という言葉がぴったりな年にしたいな・・・
posted by フォル at 21:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 球根

2010年12月29日

念願のマリティマを手に入れたぞ!

IMGP0887.JPG
Urginea maritima 和名:海葱

マリティマ!マリティマ!
いやぁ、念願の海葱の球根ですよ。偽海葱じゃなくて、正真正銘の本物〜!ずっと、欲しくてネットで色んなところに当たったのに、小売り輸出に対応してないとかで半ば諦めかけていたところを偶然国内の業者さんが輸入したてのを出しているのを発見!2個しかなかったうちの最後の1個をギリギリゲットでした。いやぁ、よかった。

IMGP0888.JPG

大きさは、ソフトボールより少し小さい程度ですが、それでも貫禄。しかも、北半球の気候に順応して葉が出ているのもポイント高いです。我が家でも、今年実生したのが別にあるんですが、ここまで大きくなるには10年近い歳月が必要なんですよ。いやぁ、感動!

その昔、殺鼠剤の原料として大量に日本に入ってきた海葱。当然当時は原価も安く、観賞用として際立った価値も無かったため、栽培普及することもなく時代とともに国内から姿を消しました。

ある人が言っていましたが、
希少なものでも最初に超高値が付かないと、みんな価値が無いものだと思って増やそうとはしない。そうして、消え去り忘れ去られたものは、沢山ある。
・・・と。そう考えると、複雑な思いです。
posted by フォル at 22:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 球根

2010年12月27日

古典ゼラニウムが綺麗になってきました

IMGP0884.JPG
古典ゼラニウム 黒龍

冷え込みが一段と厳しくなるとともに、古典ゼラニウムの班入り葉が赤く染まる良い時期がきました。写真の黒龍も本当は、もう少し寒さに当てると鮮やかな紅色に染まるのですが、実はとんでもないレア品(専門園で既に絶種)なので、保温環境で大切に保護している為あまり染まってないですね。^^;

それでも、真夏の厳しい時期から比べると葉振りも良くなって元気そう。夏が来るまで出来るだけ茂ってほしいなぁ。本当はもっと繁殖させたいんですが、園芸品種に比べると極端に成長が遅く、1年で1cm伸びた程度。挿し芽をしようとしても切った所から枯れこんでしまうことが多く、とても難しいんです。

IMGP0886.JPG

元の緑色、淵に入った班、紅色の覆輪、緑+紅、班+紅の合わせて5色から五色葉ゼラニウムとも言われているだけあって、他の植物には無い独特な味わいです。日本では江戸時代の文化の一つでもあったわけですが、当時の銭湯が1回数銭だった時に1,350円という値段のシロモノでした。

そう考えると、とんでもないもの持ってるわな・・・
posted by フォル at 21:23| Comment(2) | TrackBack(0) | その他の多肉植物

2010年12月25日

正体不明だった多肉を実生してま〜す

IMGP0880.JPG
Orthoptera waltoniaeという名で入手
Orthopterum waltoniaeと判明

というわけで、南アフリカンからいくつか種買った時に、聞きなれない名前の種があったので一緒に買ってみたんですよ。そして、詳しいことも分からないまま冬型だろうと決め付けて蒔いてみたら、なんと出てきましたよ。それも、わさわさ・・・

IMGP0881.JPG

ええと、なんだこりゃ?(笑)
双葉が出た後、真ん中から本葉が出たなぁって思ったら、ハートが真ん中からぱっかり割れている、何とも残念な姿になってきましたよ?どうもメセンの類ですね。僕は、メセン類はあまり詳しくないので、水加減もよく分からないのですよ〜。

IMGP0882.JPG

学名をぐぐってもヒットしないどころか、Orthopteraで検索するとそれはバッタだよお前さん、って言われちゃう始末だしと途方に暮れてたら、Orthopterumというとっても似た学名発見。グレートカルー高原に2種類だけ存在だそうで。うわ、マイナーですね。

というわけで、ケファロフィルムやケイリドプシスなどのメセンを育てられている方!是非とも、育て方教えてください。(懇願)
posted by フォル at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の多肉植物

2010年12月22日

今年も土面スレスレに咲きました。

IMGP0873.JPG
Ornithogalum nanum

今年も咲きましたよ、ナヌム。
昨年から植え替えをサボって、ポリポットのままなのがバレバレですね。そのせいで、今年もグランドレベルギリギリのところで咲いちゃいました。この状態でお水あげたら花が濡れて傷んでしまうので、花が終わるまでおあずけですねぇ。

IMGP0874.JPG

こうなっちゃう原因は、分かってます。店頭に並んでいた時に、深植えにされてしまったからなんですね。本来は、地面から5cmくらい茎立ちするんです。どんだけ、深く植えたんだか。
オーニソのオーソドックスな、白に緑スジの花と違って白く透明感があって可愛い花ですね。本当にオーニソ属なんでしょうか。

IMGP0875.JPG
Ornithogalum caudatum

ちなみにこちらは、季節を半年間違えて今頃開花真っ盛りの偽海葱の花。いわゆるオーソドックスなお花です。こうして比べてみると、中心部分は似てますが花びらは全然違いますね〜。来年は、浅植えにしてあげよう。
posted by フォル at 21:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 球根