2010年11月23日

妙なサボテンとアロエの寄せ植えが、ありました

IMGP0789.JPG
Puna bonnieae と アロエ夜光珠の光(Aloe ?)

また、異色の取り合わせが出てきましたね。だってこの状態で出ていたんだから、仕方が無い。(笑)
下の球がころころしているサボテンは、12,3年前にアルゼンチンの山奥で発見されたもので、Puna属、Maihueniopsis属、Opuntia属、Tephrocactus属といろいろ言われているようですが、とりあえず一番名付けが早かったと思われるPunaにしておきます。

IMGP0790.JPG

拡大してみると、象牙丸(Coryphantha elephantidens)のような、ぷっくりもちもちとした感じが堪らなく可愛い。この何とも堪らない質感から、知る人ぞ知る稀少人気種なわけなので、おそるおそる二和園の園主に持っていくと・・・

「これは、珍品だよ〜。○00円。」
「名前は・・・忘れちまって、思い出せねぇよぉ。」

のキメ台詞に、一撃で思考回路を撃ち抜かれました。
いいの?!ほんとに?!普通に探したって、見つかるものじゃないすよ?なお、品種名は後日仕入れ元の某GCのトニーさんに確認しました。

海外から直接トニーさんが、持ち帰ってきたものだそうで。。。マジで、こんなに安くていいの?!

IMGP0792.JPG

そして、何故これが一緒の鉢なのか謎のアロエ・夜光珠の光(夜光珠錦?)。対照する学名が不明な謎のアロエさん。どうやら、不夜城(Aloe nobilis)のような姿で、若干こちらの方が大きくなるようです。
この名であまり出回っていないようで、あちこちで学名なんだろう?ってブログ記事がありました。(笑)

ふ〜む。交配園芸種なのかな。
posted by フォル at 21:21| Comment(3) | TrackBack(0) | サボテン