2010年11月01日

最も身近な塊根植物なのかな!?

IMGP0702.JPG
左上:Cyclamen sp. f. variegata
右上:Cyclamen hederifolium(syn. Cyclamen neapolitanum)
中:Cyclamen coum
左下:Cyclamen cilicium
右下:Cyclamen coum cv. Silver-Leaf

植物にあまり興味の無い方に、『多肉植物』と言うと結構言葉自体をご存じない方が多い事に軽くカルチャーショックなフォルです、こんにちは。
多肉植物ですらこの状態ですから、知らない人に塊根植物なんて言った日には、違う世界の住人認定されちゃう事間違いないと思うんですが、意外と身近に塊根植物ってあったんですね。

今日は、そんな事を気付かせてくれた我が家のシクラメン達です。(キュクラメンって言った方がいいのかな・・・)

IMGP0703.JPG

いきなり、すごい色合いの葉っぱが出てきましたね〜。
いわゆる斑入りと言われるものですが、元々葉に特徴的な模様のあるシクラメンだけに、なんか病気にかかってるんじゃないか?って思われるのがオチな不憫なヤツですが、健康そのものです。
もうちょっと大きく育ったら、他の同様に芋見せですよ〜。

IMGP0704.JPG

ホームセンターで網袋に入れられて安売りされていた子、その1。原種ヘデリフォリウムさんです。
最近じゃ、原種が身近に売られているんですね。園芸種の鉢植えがお馴染みだけに、これ見つけた時は驚きとともに手が伸びましたよ。今時期は、花期なので蕾が伸びてきてますね〜。かわいい・・・。
こう見えて、耐寒温度-15℃だそうで。スゴイな。

IMGP0705.JPG

ホームセンターで網袋に入れられて安売りされていた子、その2。原種コウムさんです。
この子は、売られていたときかなり脱水症状で、触感がぐにぐにしてたんですが、ようやく水分吸って戻ってきましたね。よかった〜。原種は、乾かすと干からびちゃうんですよ。
実は最初上下が分からなくて、最後は賭けで覚悟決めて植えつけたというのは秘密です。いや、マジで上下とも似ていて迷ったんですって。(笑)
花期は、1月〜3月なのでこれからですね。ちなみに、これも耐寒温度-15℃だそうで。

IMGP0706.JPG

池袋屋上出身の原種シリシウムさんです。読み方的には、キリキウムなのかな。
一際小粒ながらも、芽がうねうねと動いていて、きも可愛いですね。茶光りしている艶々の芋も何とも良いです。直径2cm程度の小さな芋なのに、この大きさで立派な開花株なんですね。

IMGP0707.JPG

最後は、コウムの葉の模様に薄緑色の部分が多いタイプ。シルバーリーフなんて園芸名が付いてますね。
ホームセンター出身の子より小さいですが、立派に葉を開いてきてます。確かに、薄緑の部分が多いわぁ。芋の大きさは、3cm程度なので本当に小さい葉です。後から出てくる葉、ハート型になるのかな。茂ってくるのが楽しみだわ〜。
posted by フォル at 21:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 塊茎・塊根植物