2010年10月01日

花を撮らせてくれないタリナムくん。

IMGP0591.JPG
Talinum tenuissimum 原産:ジンバブエ、タンザニアなど

届いた時は、塊根と切られた茎がちょびっとあっただけなのに、一ヶ月ほどでこんなになっちまいました。届いた時の様子はこちら

しかも、長旅で疲れているだろうと僕が日光を弱めるため施した寒冷紗をわざわざ避けて直射日光を求めて、こんな斜めな草姿に。

なんて、ヤンチャな奴!


まずは、御イモのアップから。

IMGP0593.JPG

オードックスに真ん丸。これも、育つと前に記事にしたRaphionacme madiensisみたいに10cmくらいの塊になるご様子。ただ、草丈は結構高くなるようで、うちのもそんな雰囲気醸しだしてます。
風で折れないか心配だなぁ。


さて、問題の花なんですが・・・

いつ咲いてるの?!(泣)

ってぐらいに毎朝見ているハズなのに、いつの間にか咲き終わってます。

IMGP0592.JPG

はい。残念でした〜とばかりに咲き終えているお花。
自家受粉しているようで、実の部分が青々してます。ううむ・・・何だ、この敗北感は!!(笑)

種が取れたら配りましょうかね。


まだ、咲いていない(ハズ)の蕾が1個あるので、こいつの花をパパラッチ風(?!)に狙ってみたいと思います。

IMGP0595.JPG


ちなみに、予定ではこんなお花(無断直リン)のはずです。

絶対撮るよ?(笑)
posted by フォル at 20:55| Comment(5) | TrackBack(0) | 塊茎・塊根植物