2010年08月23日

来月起こす予定のリトープスたち

IMGP0526.JPG

昨年秋に実生した、リトープスたちです。もうかれこれ、何ヶ月も水をやってませんが、全然萎れる様子も無いです。梅雨の雨に当たって背が伸びた大人株は、結構シワシワなのに子供達は元気ですね〜。
というか、種にもよりますけどサボテン実生より全然手がかからなくて生存率も高いです。

IMGP0527.JPG
Lithops optica 'Rubra' C81A 和名:紅大内玉

リトープスでは、珍しく紅色に色づく人気種ですね。でも、色づいたのは休眠期に入る直前のGW頃。それまでは、ライトグリーンでした。やはり、緑と対極の色は映えますねぇ。

IMGP0528.JPG
Lithops helmutii C271 和名:青磁玉

大人の株になると、青磁のような綺麗な青碧色になる、これも人気種ですね。でも、何故か写真の子1つだけは紅色になっています。右上の株と比べると随分違いますね。これだけ色が違うと、素人目には全く違うように見えるので、種の判別が難しいんですよね。

IMGP0530.JPG
Lithops aucampiae ssp. aucampiae v. koelemanii C256 和名:赤陽玉

紫勲とならんで、1年目からかなり大きく育っている赤陽玉です。個体によっては、濃い赤の模様がまるで太陽のような模様になる種です。同じ種なのに模様もこれだけ違うと、どうやって特徴を見れば良いのやら・・・。

IMGP0531.JPG
Lithops sp.

ミックス種子から出てきた子なので、詳細不明です。赤い網目模様は結構綺麗ですね。こんなに緑とは縁の無い色をしているのに、ちゃんと光合成して生きているのだから不思議です。生ける宝石と言われる由縁ですね。

さて、こんなにいっぱい植え替えるのは大変だなぁ・・・。
posted by フォル at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | リトープス