2010年06月12日

Aloe brevicaulis?

IMGP0428.JPG

ビックバザールでの戦利品で、もっとも高価だったアロエちゃんです。お会いした方には、お値段知っている方も居ると思いますが、これ1つで普通の多肉いくつ買えるんだ?くらいしてましたね。実は、個人で輸入したアフリカ亀甲竜を好意で預かってもらっているので、そのお礼の意味も兼ねて購入させていただきました。

一見、地味な草姿ですが実はこのアロエ、根元が球根のように丸くなるんですね。

IMGP0429.JPG

今は、こんな感じでまだ球が小さいですが、本家に行った時に見たのは、直径5cmは超えていて、株の大きさもこれの数倍くらい大きいものだったんですよ。そう、思うと大きくしたくなっちゃいますね。

札には、アロエ・ブルビカリスとありましたが対照する学名記載を見つけることが出来なかったんですよね。でも、カタカナで調べてみると少なくとも私以外に1名の方が、この名で御持ちのようですので、何かの手違いというわけでは無さそうです。

同じ、球根チックなアロエにAloe richardsiaeがありますが、これは年中球があるのに対して、このブルビカウリスは、夏に向かって球が一度消滅するらしく、夏と冬で全く姿が異なるのだそうです。
楽しみですね。
posted by フォル at 21:27| Comment(2) | TrackBack(0) | アロエ