2010年06月04日

鶴巣丸が焼けちゃった。

IMGP0412.JPG
Thelocactus nidulans メキシコ北部原産。

錦じゃないですよ?(泣)
弱光多湿で造られたものをイキナリ直射日光に当てたわけでも無いです。冬からずっと、直射日光で育ててきましたが、ここに来て温度と通風具合の見極めを誤りました。直径15cm超の大球だけに、ちょっと心が折れました。

あ、水槽栽培で大事な事を書くの忘れてましたね。


水槽栽培では、綺麗に造り込むのは

最初から期待しないこと。



本格的な温室で様々な要件が整わない限り、綺麗に大球を造り込むのは無理です。水槽栽培は、少ないスペースで原生地環境に近づけて成長を促す点だけを追求したものだからです。

とはいえ、鶴巣丸を焼いたのコレが最初じゃないんですよね。同じ過ちを繰り返してしまったのが情けないです。
ついでだから、サボテンの日焼けについて私の意見を色々書いてみましょう。


1.白く粉を吹いている種は、濃緑の種より日焼けしにくい?
⇒私の意見は、NO。同条件下ではむしろ、鶴巣丸は海王丸より容易に日焼けする

2.日焼けの原因は、光が強すぎるから?
⇒私の意見は、光の強さは二の次。たとえ、真冬であろうと焼くのは実に簡単。日照の下、密閉空間に置かれればほぼ確実に焼ける。
焼けないようにするには、@通風 A表面温度 B健全な水分状態 これらを勘案した上で、C光量の変化量 だと思う。
何故なら、@〜Bの不良は細胞の代謝不良を起こし、細胞を破壊するのに対し、Cのみの不良は葉緑素の破壊を起こすだけだから、思うからです。

3.斑入りは、日焼けしやすい?
⇒私の意見は、NO。むしろ、班なしの方が焼けやすい。
全ての植物には、進化の過程で斑入り遺伝子が組み込まれている。これは、より強光環境下でも進化して生き残りを果たす為のものだが、通常は必要無いため封印されている。班入りになったものはコレが何らかの原因で封印が解けたもの。決して、遺伝子の欠陥ではない。
よって、強光条件では斑入りの方が生存率が高い。


まだ、色々ありますがもっと意見を聞きたい方は、@folgornでTwitterやってますのでつぶやきお願いします。
posted by フォル at 22:24| Comment(3) | TrackBack(0) | サボテン

2010年06月02日

Ipomoea Albivenia

IMGP0408.JPG

種を蒔いてから、2ヶ月程たったイポメアちゃんです。前回の様子は、こちら。大きくなりましたね〜。
アサガオと同属だけあって、発芽したての頃はアサガオそっくりだったわけですが、この子はつる性ではないのでここから支柱はいらないのです。上から見ると、なんだか矮性アサガオみたいですね。
でも、葉っぱの下では劇的な変化が起きていたのです。

IMGP0411.JPG

どうでしょ?
・・・ん?良く分からない?では、もうちょっと寄ってみましょ。

IMGP0410.JPG

ど〜ん。何だ?この太さは。あの巨木・バオバブの幼苗よりも全然太いじゃないか。(笑)
大した世話もしてないのに、2ヶ月で茎が直径1cmにも肥大ですよ?アデニウムとタメ張れそうですな。意外と仕立てれば、盆栽化するんじゃないかと思ってみたり。
拍子抜けするほど、生育旺盛なのに何であまり流通してないんだろう?
posted by フォル at 21:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 塊茎・塊根植物

2010年06月01日

Lophophora williamsii

IMGP0406.JPG

アメリカ南西部〜メキシコ原産。和名は、烏羽玉、ペヨーテなど。

昨年の4月に種を撒いて、ガラス水槽の中で育って1年2ヶ月経った仔吹き烏羽玉ちゃんです。まだ、直径は1cmほどですがすっかり烏羽玉の形になってきています。昨年10月から現在まで、直射日光の下で育ててきたので、見た目とは違って堅く締まってます。ぷにぷに出来ないのがちょっと残念なところ。

IMGP0407.JPG

仔吹きの名の通り、もう一人前に仔を吹き始めています。なんだから、漫画「もやしもん」に出てくる、A.ソーエみたいな感じですね。何でも、ロフォフォラは高温環境で底水すると大きくなるそうですが(ぱんさ氏談)、この子たちはどうしようか迷い中です。やっぱ、堅く締めていこうかな。
posted by フォル at 20:42| Comment(2) | TrackBack(0) | サボテン