2010年05月15日

水槽の中は、花盛り

IMGP0346.JPGIMGP0349.JPG
左:Pelecyphora aselliformis 和名:精巧丸
右:Sulcorebutia rauschii 和名:ラウシー、黒麗丸など


平年であれば、初夏の気候のはずの日本ですが、毎晩冷える日が続きますね。水槽の中は、日中30℃後半で夜間は15℃前後(関東南部です)と、原生地なみの程よい気温変化のせいで、サボたちが気合入っちゃって例年になく花が楽しめています。今年の梅雨がちょっと心配ですが、どのくらい気合が入っているかというと、

IMGP0351.JPG
Rebutia marsoneri 和名:金簪丸(きんさんまる)

この子なんか、1月から途絶えることなく咲き続きまくっています。サボテンは、死に際に花を狂い咲かせるらしいですが、この子は大丈夫ですよ。しっかり本体にハリがあります。肌色が黄緑色なのは、この時期でも直射日光を当てているからです。1年間かけて、入手当初の弱光多湿環境から、強光通風環境につくりこみましたよ。

この方が成長は遅いですが、環境ストレス耐性が高くなると僕は実感しています。しかし、こんなにお花咲かせたら、土中のリンは足りているのかな・・・あとで、蝙蝠の糞(バットグアノ)でもやっておきましょう。
あ、蝙蝠の糞は化成肥料より若干お値段高いですが、とても良いですよ。リン分の殆どが、く溶性リン酸なので、肥料過多に弱いサボでも濃度障害を起こさないです。ニオイもありません。

IMGP0348.JPGIMGP0352.JPG
左:Strombocactus disciformis 和名:菊水
右:Mammillaria cv. 'Pink Nympf' 和名:ピンクニンフ


南米、北米種とも同じ水槽の中で特に問題なく育っていますね。特別、強い光と暑いのが好きな強刺類だけ、別水槽で密閉率を高くしています(完全密閉ではありません)が、午前〜夕方まで比較的長めの連続した日照があれば、ゴキゲンなようです。ホント、手がかからなくなって良かったよぉ〜。
posted by フォル at 21:25| Comment(4) | TrackBack(0) | サボテン