2010年05月10日

Lophophora diffusa

IMGP0329.JPGIMGP0331.JPG

アメリカ・テキサス州南部〜メキシコ原産。和名は、翠冠玉、ディフューサなど。

ついに出てきましたね。お餅のような肌ざわりのロホホラ。柔らかくて、ぷにぷにしているので、この子の様子を見た時は必ずと言って良いほど、触れています。この子は、かなりの扁平球であまり高さが無いので、ほんと鏡餅の土台ですね。

そんな親木を尻目に、仔がむくむくと下から出てきて大きくなってきているので、段々親が持ち上げられて土から抜けてくるという面白いことになってますねぇ。仔の大きさも5cmを越しているので、そろそろ切り離さないとダメかな。

ロホホラの仔は、エキノプシスみたいに手で取れるわけではなく、刃物でゴリゴリやらないとダメなので、手術後の切り口を消毒乾燥して、仔は根出しもしないとダメなので一苦労なのですよね。時期も良い頃だし、天気の良い休みの日に分離しましょうかね。
誰か、仔要ります?(^^;

続きを読む
posted by フォル at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | サボテン