2010年04月14日

Lithops helmutii C271

IMGP0237.JPG

南アフリカ・北ケープ州Steinkopfの北東15km地点。和名は、青磁玉。

リトープスの紹介は、もう少し後日にしようかと思ったのですが、4月中旬に寒波+雨という異常(な?)気象の為、屋内に取り込んだので、連日紹介します。
この青磁玉は、名が表す通り青磁色の窓が綺麗な種です。リトープスは、自生している土地の岩石などに擬態している為、その地域だけの特有種が多く存在するのですが、これもそのうちの一つです。

うちでは、リトープスは冬の間も1日外に置いているため、脱皮に入っても外葉から内葉への水分移動がゆっくりな為、今時期に入っても外葉が瑞々しいのが多めです。

IMGP0240.JPG
Lithops lesliei ssp. lesliei v. venteri(maraisii) C153

紫勲系のマライシーです。紫勲系は、種類がいろいろあるので初心者の僕にとっては、札落ちすると名前が分からなくなってしまいます。同じコールナンバーでも窓の模様が大きく異なることが多々あるためです。

IMGP0239.JPG
Lithops lesliei ssp. lesliei v. lesliei(luteoviridis) C20

紫勲系のルテオビリディスです。色合いがマライシーとは違うのは良く分かりますが、模様を除く微妙な違いを覚えるのは難ですね・・・。

IMGP0234.JPG
Lithops lesliei ssp. lesliei v. lesliei C27

そして、紫勲です。原産地点がそれぞれ異なるので、各々分類されているのですが、これを見分けるには相当の経験と労力が要ります。これらリトープスの第一人者の方々には、頭が下がる思いですね。
posted by フォル at 21:21| Comment(3) | TrackBack(0) | リトープス