2010年04月03日

Euphorbia cv. 'TAISYUNSYO'

IMGP0199.JPGIMGP0200.JPG

戦前からの交配種(詳細は不明)。和名は、待春抄。

枝が四方八方に伸びていく、いわゆるタコものなんですが、この待春抄は、他のタコものと違って、枝がすんぐりむっくりであまり伸びなくコンパクトに纏まってくれる可愛いやつです。

その枝の1本を挿して発根させて成長させたのがコレですね。なんとも頭でっかちな姿になっちまってますが、その妙なところがこれまた良いのです。タコものの姿に戻ろうというこの意思を感じるところが見ていて嬉しいです。

花が咲くと良い香りがするとのことなんで、その日が待ち遠しいですね。

あの子は今・・・A
posted by フォル at 20:29| Comment(3) | TrackBack(0) | ユーフォルビア