2010年04月02日

Gethyllis namaquensis

IMGP0201.JPGIMGP0202.JPG

アフリカ南部原産。和名は、ありません。

はい、また出てまいりました。ゲチリス。球根マニアファンの中には名を聞いただけで手に入れたいと思う人が後を絶たず、ISIJ新年大会でも某F川さんのお店で出された貴重な株が僅か開店10分にして売り切れという人気です。

ゲチリスは、どの種も大きくなると非常にユニークな形の葉になり、この造詣の面白さが人気の秘密なんでしょうね。さて、うちの子ですが、この子はまだ芽生えて長くは経っていない幼子なので、アルブカのような形をしてますが、これが大きく成長するとどうなるかお見せしましょう。

http://www.bihrmann.com/caudiciforms/subs/get-nam-sub.asp

すごいですね〜、てかコレこんなにデカくなるんすねぇ。将来楽しみだわぁ。ところで、1枚目の写真に何か丸いものが写りこんでますね。何でしょうか、拡大してみましょう。

IMGP0204.JPG
Pseudolithos migiurtinus

はい、ちょっと難易度高めのシュードリトスちゃんでした。何故、ゲチリスと一緒に居るかというと・・・土地問題がついにここまで、というかゲチリスの鉢ちょっとデカ過ぎだろって事で、その広大な余剰スペースに面倒だから植えちゃったんですね。原産地域も同じだし、仲良くやっていけるでしょう。(笑)
posted by フォル at 20:32| Comment(7) | TrackBack(0) | 球根