2010年04月09日

種まき、植え替えの時期ですね。

IMGP0213.JPGIMGP0214.JPG

4月入って早々に体調を崩して更新が滞ってしまいましたね。いつも訪れて頂いている方には申し訳ないかぎりです。季節の変わり目、体調には気をつけましょうね。

さて、いよいよ春本番!種まきと植え替えの時期です。
私も先週までに、このコストパフォーマンス最高の容器に植わっていた去年の実生苗たちを発泡スチロール角鉢に植え替え、新たにサボテンの種を蒔きました。
今回は、主にサボテン相談室さんにて品質の良い種と実生用土を購入し、蒔いてみました。斑入りの個体から取れた種をメインにしたので成長は遅くても、良い班の個体が出ないか今から楽しみです。


IMGP0215.JPGIMGP0216.JPG
Aloe thompsoniae

先日、紹介しましたアロエ・トンプソニーに何と花芽が出現しました!アロエの開花は、木立アロエの真冬開花のイメージが強いので、今時期に咲くのは新鮮な感じです。ちょうど、ハオルチアの開花時期と合いますね。うっとり。

saeさんから多肉便が届いたよ!
posted by フォル at 21:14| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月05日

Litanthus sp.

IMGP0211.JPGIMGP0212.JPG

不明種。

某GCにて、「リタンサス・シプリス」として置いてあったものをタダで貰っちゃいました。見た目は、オーニソのユンキフォリウムぽい感じがしますが、球が涙滴型じゃなくて真ん丸なんですよね。

リタンサスには、プシルス(Litanthus pusillus)というとても小さい種があるんですが、これとは、かなり草姿が違います。球の大きい方は、直径1.5cmを超えている代物なんで、少しぐらい情報があっても良い感じですが、とにかくぐぐる先生曰く、リタンサスはプシルスしか知らんよ〜というお答え。

誰かが学会発表したばかりの種なんでしょうかねぇ・・・
posted by フォル at 21:09| Comment(3) | TrackBack(0) | 球根

2010年04月04日

Senecio articulatus

IMGP0196.JPGIMGP0197.JPG

南アフリカ・ケープ州原産。和名は、七宝樹。

茎の伸び方が何とも酵母菌のような七宝樹さんです。この種は直径1〜2cmの茎がスーっと伸びては、くびれを繰り返していくのですが、長い茎より写真のような玉っころい茎のほうが可愛いですね。

この七宝樹ですが、錦もあるようでこの子はその錦の株から、普通の色合いで生えてきたのを挿して根付かせたものとの事なので、ひょっとしたら仔を吹けば錦になる可能性もある子なのです。

錦というので、サボテンのようなのを想像していたら、全然違うらしく、色白の茎にうっすら赤い葉が出るとのこと。まぁ、いづれにせよ群生させたら楽しいそうです。

サボ種まきまき
posted by フォル at 21:59| Comment(4) | TrackBack(0) | その他の多肉植物

2010年04月03日

Euphorbia cv. 'TAISYUNSYO'

IMGP0199.JPGIMGP0200.JPG

戦前からの交配種(詳細は不明)。和名は、待春抄。

枝が四方八方に伸びていく、いわゆるタコものなんですが、この待春抄は、他のタコものと違って、枝がすんぐりむっくりであまり伸びなくコンパクトに纏まってくれる可愛いやつです。

その枝の1本を挿して発根させて成長させたのがコレですね。なんとも頭でっかちな姿になっちまってますが、その妙なところがこれまた良いのです。タコものの姿に戻ろうというこの意思を感じるところが見ていて嬉しいです。

花が咲くと良い香りがするとのことなんで、その日が待ち遠しいですね。

あの子は今・・・A
posted by フォル at 20:29| Comment(3) | TrackBack(0) | ユーフォルビア

2010年04月02日

Gethyllis namaquensis

IMGP0201.JPGIMGP0202.JPG

アフリカ南部原産。和名は、ありません。

はい、また出てまいりました。ゲチリス。球根マニアファンの中には名を聞いただけで手に入れたいと思う人が後を絶たず、ISIJ新年大会でも某F川さんのお店で出された貴重な株が僅か開店10分にして売り切れという人気です。

ゲチリスは、どの種も大きくなると非常にユニークな形の葉になり、この造詣の面白さが人気の秘密なんでしょうね。さて、うちの子ですが、この子はまだ芽生えて長くは経っていない幼子なので、アルブカのような形をしてますが、これが大きく成長するとどうなるかお見せしましょう。

http://www.bihrmann.com/caudiciforms/subs/get-nam-sub.asp

すごいですね〜、てかコレこんなにデカくなるんすねぇ。将来楽しみだわぁ。ところで、1枚目の写真に何か丸いものが写りこんでますね。何でしょうか、拡大してみましょう。

IMGP0204.JPG
Pseudolithos migiurtinus

はい、ちょっと難易度高めのシュードリトスちゃんでした。何故、ゲチリスと一緒に居るかというと・・・土地問題がついにここまで、というかゲチリスの鉢ちょっとデカ過ぎだろって事で、その広大な余剰スペースに面倒だから植えちゃったんですね。原産地域も同じだし、仲良くやっていけるでしょう。(笑)
posted by フォル at 20:32| Comment(7) | TrackBack(0) | 球根