2010年03月08日

Aloe polyphylla

IMGP0123.JPGIMGP0125.JPG

南アフリカ・ケープ州西部の高山地帯原産。和名は、ポリフィラ、ソロモン王の碧王冠。

スパイラルアロエとして有名な、ポリフィラです。ワシントン条約(CITES)の附属書第T類に登録されていて、成長した個体の輸出入は、厳しく規制されていて許可が下りないので、種子を輸入して実生したものです。

このアロエは高山地帯に自生していることもあって、種子を2週間ほど寒さに当てないと発芽しないのですが、丁度日本が冬に入った時期(11月)に撒いて、凍らないように夜だけ取り込んでいたら、2月に入って発芽し始めました。

アロエの種子は、比較的寿命が短く、発芽してナンボの世界なので、全く発芽しなかったらどうしようかと思った矢先の発芽でした。でもこのアロエに限っては、これからの季節が大変なんですよね。
アロエは、一般的に暑さに強くて夏に育つイメージがありますが、この種においては、日本の夏は暑すぎて葉先から枯れてきちゃうことがあるので、綺麗なスパイラルに作るのがとても難しいのです。
さて、どうしたものか・・・
posted by フォル at 20:20| Comment(3) | TrackBack(1) | アロエ