2010年03月07日

Strombocactus disciformis

IMGP0098.JPGIMGP0099.JPG

メキシコ中部高山地帯原産。和名は、菊水。

この子は、菊水の中でも特に表面に白い粉を吹くようで、写真写りもご覧の通り真っ白なので、気に入ってます。鱗のようなゴツゴツした表面に少なめの棘が生えている、少し地味な印象なのに何故か目をかけずにはいれない可愛い子です。

高山地帯原産ということもあって、フレーム内が氷点下になることもある2月に蕾を出して、咲いてしまいました。花が開くのは日中だけなので、開花した姿を撮影できなかったのが残念です。

菊水は、昨年実生にも挑戦したのですが、種子が埃のように小さく、発芽しても小さすぎてよく見えない上に、他のサボテンの苗よりも弱いので、全て溶けてしまいました。栗原氏が、こんなに難しい菊水の実生苗なのに、何故か市場では驚くほど価格が安く流通している、本当なら3〜5倍が妥当ではというのも頷けます。大切にしていきたいですね。なお、原産地では自然破壊で絶滅の危機にあるそうです。
posted by フォル at 20:19| Comment(4) | TrackBack(0) | サボテン