2010年03月13日

Euphorbia astrophora sp. nov., GM 204

IMGP0117.JPGIMGP0119.JPG

南アフリカ原産。和名は、ありません。

ユーフォルビアの新発見種で、まだあまり出回っていないはずの種です。鱗に覆われた球から、たくさんの角が出ているような感じで、一時期某テレビ番組で出てきた、モヤっとボールを思い出しそうです。

それにしてもこれ、この先どんな風に大きくなっていくんでしょうね・・・玉が上に伸びて柱状になるのか、はたまた玉自体が徐々に大きくなるのか・・・いずれにしてもユニークなユーフォルビアです。

どうしても欲しくなった人は、4月にEXOTICAがおひとり様1球限定で売り出し再開するので、輸入してみてはどうでしょうか。
posted by フォル at 21:42| Comment(2) | TrackBack(0) | ユーフォルビア

2010年03月12日

Adenia glauca

IMGP0121.JPGIMGP0122.JPG

南アフリカ・トランスバール州原産。和名は、幻蝶カズラ。

何だか、人を惑わしそうな和名なアデニアさんです。日本の落葉樹なんかと同じように春になると芽吹いてきて、黄色い花を咲かせます。枝を切っても結構いろんな場所から芽吹くので、和盆栽のように、切り戻しや犠牲枝などの技を使うと渋く仕上がるかもしれませんね。

で、うちにいるこのアデニアさんは、何で緑と薄茶のツートンカラーなんでしょう?答えは簡単で、輸出前の現地(南アフリカ)では薄茶のところまで土に植わっていたのに、輸入した僕が意地悪して浅く植えちゃったからなんです。やっぱり、ほら多肉屋さんは、膨らんでいるとこが見えないと・・・ね?

風の強い日が増えてきたから、部屋にいる多肉たちを昼夜出しっぱなしに出来るのも、もうすぐかな。
posted by フォル at 19:59| Comment(5) | TrackBack(0) | 塊茎・塊根植物

2010年03月10日

Euphorbia fruticosa

IMGP0116.JPGIMGP0114.JPG

イエメン原産。和名は、閃光閣。

ん〜、ぶっちゃけ小さいから何とも言えないんですが、これフルチコーサでしょうか?見た目はユーフォルビアっぽいんですが、フルチコーサってもっと稜がはっきりと角ばってたような気もするんですが・・・まぁ、某グランカクタスの佐藤さんは、名前聞くなり即答したので、フルチコーサということにしましょう。w

それにしても、ずんぐりむっくりしてて鋭い刺が生えてますね。攻撃力は、サボテンの強刺類並にありそうです。形からして、接木の土台なんかに使われそうですね。このフォルムなら、そこら辺の陶器製の鉢に植えて高値を付けて売っている花屋にもありそうな感じがしますが、繁殖が難しいのかな・・・。なんか、上半分が稜の増減がめちゃくちゃなので、これからどう育つか楽しみな子でもあります。

号外:アロエの実生容器について
posted by フォル at 21:11| Comment(3) | TrackBack(0) | ユーフォルビア

2010年03月09日

Aloe ferox

IMGP0123.JPGIMGP0126.JPG

南アフリカ原産。和名は、猛刺蘆薈、青鰐。

いきなり和名が難しい漢字ですね〜。モウシロカイ、アオワニと読みます。蘆薈は、中国でのアロエの呼び方です。
これは、昨年南アフリカのSilverhill Seedsから購入した種を撒いたものです。なぜか、普通のferoxのほかに限定で、ferox(candelabrum)と書いてあって、どうしても気になったので購入しちゃいました。

種の撒き時は、日本では4月〜7月ですが、取り蒔きが一番!ということで1月に蒔いたら、発芽率も大変良好でした。これ、特に加温とかしてないんですよ?それにしても(燭台)とは、どういう事なんでしょうね・・・花茎が燭台のようになるのかな。

ところで、この種は木のように育って葉が1mにもなるんですが、大きくなっちゃったら、どうやって冬越させよう・・・(-_-
posted by フォル at 20:30| Comment(2) | TrackBack(0) | アロエ

2010年03月08日

Aloe polyphylla

IMGP0123.JPGIMGP0125.JPG

南アフリカ・ケープ州西部の高山地帯原産。和名は、ポリフィラ、ソロモン王の碧王冠。

スパイラルアロエとして有名な、ポリフィラです。ワシントン条約(CITES)の附属書第T類に登録されていて、成長した個体の輸出入は、厳しく規制されていて許可が下りないので、種子を輸入して実生したものです。

このアロエは高山地帯に自生していることもあって、種子を2週間ほど寒さに当てないと発芽しないのですが、丁度日本が冬に入った時期(11月)に撒いて、凍らないように夜だけ取り込んでいたら、2月に入って発芽し始めました。

アロエの種子は、比較的寿命が短く、発芽してナンボの世界なので、全く発芽しなかったらどうしようかと思った矢先の発芽でした。でもこのアロエに限っては、これからの季節が大変なんですよね。
アロエは、一般的に暑さに強くて夏に育つイメージがありますが、この種においては、日本の夏は暑すぎて葉先から枯れてきちゃうことがあるので、綺麗なスパイラルに作るのがとても難しいのです。
さて、どうしたものか・・・
posted by フォル at 20:20| Comment(3) | TrackBack(1) | アロエ