2010年03月24日

Aloe thompsoniae

IMGP0185.JPGIMGP0187.JPG

南アフリカ・トランスバール州原産。和名は、トンプソニー。

我が家で唯一(そのうち唯一ではなくなるかも)のグラスアロエです。とっても控え目な葉のとげとげと小型でありながら、スラっと伸びた葉、そして株元の模様に惚れこみ、お値段も手伝って手にしてました。

今は、薄日の差すところで慣れさせてますが、これも直射日光に晒したら赤くなるんでしょうかね。たぶんなりますね。どんな風に成長してくれるか今から楽しみな株であります。

そういえば、EXOTICA一部開店しましたね。
posted by フォル at 20:11| Comment(3) | TrackBack(0) | アロエ

2010年03月23日

Euphorbia valida

IMGP0168.JPGIMGP0169.JPG

南アフリカ・ケープ州原産。和名は、万代、バリダ。

オベサ(Euphorbia obesa)やホリダ(Euphorbia horrida)並に普及している種です。植物を瀬戸鉢に植え込んで、高い値段で売っているお店にもごくたまに見かけますね。この種は、お花が咲いた後の花芽の茎が、バリバリに硬く乾燥して角のようになって残るんですよ。

・・・だから、バリダ?

すいません、かなり無理があったようです。m(__)m
玉型のエウフォルビア(ラテン読みだとこんな感じです。)は、サボテンと違って表面にデフォルトで色の切り替わりがあったりして面白いですね。このしましまが結構お気に入りです。
posted by フォル at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ユーフォルビア

2010年03月22日

Ornithogalum juncifolium

IMGP0174.JPGIMGP0175.JPG

南アフリカ原産。和名は、英語風読みでオーニソガラム・ジュンシフォリウム。

では、本当は何て読むかって?ラテン語風に読むと、オルニトガルム・ユンキフォリウムですね。ラテン語は、ローマ字に近い読み方に加えてhを発音しなかったり、pseudoをシュードと読んだりすんですよ。私もあまり詳しくは無いですが・・・

で、肝心の球根のほうですが、まるで偽海葱(Ornithogalum caudatum)から産み落とされた小球根が集合したみたいな感じですね。まだサイズが小さいためか糸のような長い葉は出ているものの花芽は出てきてないです。これ、どのくらいの大きさになったら、花が咲くんでしょうね。

MAKIANDさんのところにお花の写真が載っていましたが、見るからに小さそうなお花ですね。もうちょっと肥培してみましょう。オルニトガルムって、大きいものから、ちびっこいのまで色々あるからそれぞれの個性が楽しめて良いですね。
posted by フォル at 20:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 球根

2010年03月21日

Beaucarnea recurvata

IMGP0170.JPGIMGP0172.JPG

メキシコ南東部原産。和名は、トックリラン、ノリナ、ポニーテールなど。

日本に流通しているトックリランの9割は、このBeaucarnea recurvataらしいです。画像のトックリランは、多肉屋さん趣向きに幹の部分を切られて玉だけになっちゃってる姿です。それにしても、真ん丸ですよね。これで、実生15年くらいだそうです。直径は、12cmくらいです。

切られた幹の周りから新芽が吹いていますが、これをこのまま伸ばして肥培すれば、玉が大きくなるのが早いそうです。多肉植物には珍しく肥料食いのようですね。

この玉を手に入れたのは、もう一つ訳があって、表面の拡大画像を見てもらえれば分かるんですが、成長するにつれて亀甲模様が現われる個体だからなんです。これは、個体によって全く出なかったり、樫の木みたいな樹皮になったりするので、好みが分かれるところですね。
posted by フォル at 20:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 塊茎・塊根植物

2010年03月20日

Aloe sp.

IMGP0165.JPGIMGP0167.JPG

詳細不明。恐らくAloe arborescensと何かのハイブリット種と思われる。

このアロエは、ヤフオクで1円で落札した詳細不明なアロエくんです。今はだいぶ緑色が戻ってきていますが、冬の間は断水して昼間は外に出しておいたので、真っ赤に紅葉してました。葉の先や淵に残っている赤みは、その名残です。

アロエの仲間もそうなんですが、断水したり半日陰から直射日光に場所を移すと、赤くなって葉緑素調整に入るのは、厳しい環境でも生きられる多肉ならではの機能ですよね。僕は、この性質を結構気に入っています。

IMGP0166.JPG

このアロエくんですが、特徴として木立アロエより短めの軸に葉が密生していて、特に小さい脇芽の葉は互生が見られます。軸が短いので大きくなると、葉が放射状に広がりAloe veraみたいになるようです。
にしても送料が本体価格の700倍というのも笑えます。
posted by フォル at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | アロエ