2010年03月31日

Echeveria hyb. cv. 'Derosa'

IMGP0192.JPGIMGP0195.JPG

Echeveria derenbergii × Echeveria setosa。和名は、花乙女。

なんだか、ヘンテコ植物紹介ブログというのが定着しつつあるようですが、決して故意にヘンテコを狙っているわけでは・・・ない・・・のですが、手元にはいつまにか・・・えぇ、ヘンテコなのが好きなんです。はい。バッド(下向き矢印)
でも、たまには普通(だよね?)なのも紹介しましょう。

エケベリアの白蓮華と錦司晃の交配種です。うちのは、全体的には、白蓮華の葉が錦司晃のキメ細かさで出ている感じですね。錦司晃の羽毛は押さえられて少ししか出てきてないですね。交配種なので、個体によって特徴の出方が違ったりします。

それにしても緑がかったクリーム色の葉先がちょこんと紅があるのが、中々綺麗ですね。これはブログ主お得意の直射日光で真っ赤〜ではなく、元からこういう風に色づいているんですね。エケベリアって、ちゃんと花は別に咲かせるのに、なんで株自体が花のような形をしているんでしょうねぇ。

あの子は今・・・@
posted by フォル at 20:54| Comment(4) | TrackBack(0) | その他の多肉植物

2010年03月29日

Euphorbia globosa

IMGP0188.JPGIMGP0191.JPG

南アフリカ・ケープ州原産。和名は、玉鱗宝。

異形のユーフォルビアの中でも異彩を放っている玉鱗宝くんです。見ての通り、玉がくっついている姿なのですが、面白いのは先端の方の玉だけ緑色で、あとは木質化しているんですね。なんだか酵母菌のようなやつですね。

この子は、かき仔で根出しが終わってこれから増える予定なので、まだちびっこいですが、ゆくゆくは大群生にしていきたいですね。しかし、異種交配でこのユニークな形を引き継いだハイブリッド作れたら、いいなぁ。
posted by フォル at 20:21| Comment(3) | TrackBack(0) | ユーフォルビア

2010年03月28日

Euphorbia anoplia

IMGP0177.JPGIMGP0179.JPG

南アフリカ原産。和名は、アノプリア。

この子は、ユーフォルビアの中でも小型種に分類されていて、あまり大きくならないんだそうです。家人に冷たい目で見られながら、細々と蒐集しているベランダ(と屋内)ガーデナーには、嬉しいですね。

見た目も、てっぺんの辺りがサボテンの亀甲ヘキランみたいな感じで、感性を刺激してくれます。これ、ある程度伸びたら、いっぱい仔吹きするんでしょうか?群生した姿も素敵でしょうね。花が咲かないと性別が分からないんですが、どっちかな〜。

以前、記事にしたお団子オベサは、開花して女の子だというのが分かりました。部屋の中で過保護にしてたら、お婿さん探す前にお花が終わっちゃいました。w
posted by フォル at 18:58| Comment(2) | TrackBack(0) | ユーフォルビア

2010年03月27日

Haworthia tortuosa f. variegata

IMGP0180.JPGIMGP0181.JPG

南アフリカ原産。和名は、五重塔、竜宮城、青潮など。

学名がついていますが、諸説あって雑種らしいとの記載もある、硬葉のハオルチアです。五重塔は、硬葉ハオルチアでもコンパクトなほうで、まるで小型アロエを更にミニチュア化したような感じがとても好きです。

特にこの鉢は、班なし、良班、糊班と3種が1つに纏まっているので、お気に入りです。深緑に黄色の班がくっきりと入っているのでとてもメリハリがあって良いのですが、これからの季節の直射日光に当てて赤く染まったところを見るのも、これまた楽しみな一品です。

班入りは、ハオルチアに限らず斑入り同士の交配で出来た種子を実生すると班が出にくいのですが、その個体から仔吹きすると、仔は綺麗な班が出る傾向があるそうです。これもまずは真ん中の班なしが育って、仔吹きしたら班入りになったのではないかなと思います。
良い班が入らず、捨て値や廃棄されそうな個体でも、仔吹きさせると、良い班が出るかもしれませんね。
posted by フォル at 20:13| Comment(2) | TrackBack(0) | その他の多肉植物

2010年03月26日

Pachypodium brevicaule

IMGP0182.JPGIMGP0183.JPG

マダガスカル中部原産。和名は、恵比寿笑い。

塊茎・塊根愛好家の間では、普及種中の普及種な恵比寿笑いさんです。長年かけて作り込まれている株は、まるで生姜のバケモノのような形になってますね。まぁ、この子も年を重ねれば、否応無しにそのような形になるわけですが。

でも、こういう風にちょこんと丸くて上半分が、フグがプ〜っと怒ったみたいにトゲトゲしているのも可愛くて良いでしょ?僕は、生姜のバケモノより、こういうのに感性がくすぐられるんですよ。

この子は、夏型なのでこれからの季節に成長するわけですが、夏型なのに夏バテをするという困ったちゃんなので、夏は人間様ばりにクーラーの効いた部屋に住みたいのだそうです。やれやれw

アロエロエ〜♪
posted by フォル at 20:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 塊茎・塊根植物