2010年02月22日

Huernia primulina f. crist

IMGP0056.JPGIMGP0057.JPG

南アフリカ・ケープ州原産。和名は、竜王角綴化、黄花牛角綴化。

綴化した部分を、切り取って差して発根させたものなんですが、半分ほど綴化するのやめちゃったみたいで、指の生えすぎた手みたいなことになってます。(笑)
手に入れたばかりなので、今はしっかりしてますが、謎の突然死させないように管理は要注意ですね。

サボテンでは、綴化したものは割りと安定していて、崩れたというのはあまり聞かないんですが、多肉は崩れやすいのでしょうかね。紅キリン綴化くずれというのも、見たことがあって、これも握りこぶしみたいになってました。(アトで調べたら紅キリン自体綴化するのは珍しいらしいです。手出しとけばよかったなぁ・・・)
サボテンの綴化崩れは、表に出てこないだけなんでしょうかね・・・
posted by フォル at 20:38| Comment(4) | TrackBack(0) | その他の多肉植物