2010年02月07日

Dioscorea macrostachya

IMGP0027.JPGIMGP0028.JPG

メキシコ原産。和名は、メキシコ亀甲竜。

芋の直径は、まだ5cmくらい。出所は、売主の強い希望で出せないのですが、他の植物と合わせて結構お値打ち価格で手に入れました。小さいのに、小品盆栽のような感じの草姿に思わず惚れこんで手に取っていましたよ。

アフリカ亀甲竜(Dioscorea elephantipes)と比べると芋が扁平で丸くはならないんですが、この大きさで一人前に亀甲が現われているのもGood。この大きさだと、実生5年くらいなんですかね〜?

管理はアフリカ亀甲竜と全く逆の夏型で、水分や温度にデリケートなので、盛夏と厳冬の時期は要注意だそうです。(==
posted by フォル at 19:49| Comment(3) | TrackBack(0) | 塊茎・塊根植物

2010年02月06日

Ornithogalum nanum

IMGP0025.JPGIMGP0024.JPG

イタリア、地中海沿岸原産。和名は、オルニソガルム・ナヌム。

池袋西武の屋上でどうみても放置プレイになっている小品盆栽などの置き場から発掘。持ち帰った時は蕾すら無かったのに、2,3週のうちに開花。しかも夜になると閉じてしまう可愛いやつ。土にへばりつくように咲いてます。

今は、球根がすっかり埋まってますが、葉が枯れたら掘り出して露出させてみようかなと企んでいます。多肉好きとしては、膨らんでいるところが見えてないと気が済まないんですよね。(笑)

オルニソガルム属は、カウダツム(偽海葱)に魅せられてから、集めずにはいられなくなってます。
posted by フォル at 20:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 球根

2010年02月05日

Gymnocalycium mihanovichii var. friedrichii cv. 'Hibotan:Edo-komachi'

IMGP0013.JPGIMGP0020.JPG

ウルグアイ原産の牡丹玉の色素変異体。和名は、緋牡丹:江戸小町。

接木サボテンは、色々とデメリットがあるので、自分でする以外は滅多に購入はしないんですが、この江戸小町は赤と黄色のコントラストが綺麗なのと、台木が緋牡丹としては珍しく袖ヶ浦に接いであるので、手に入れてしまいました。

緋牡丹がよく接がれている三角柱は、確実に数年後に台木の死が確定していて、台木の死で緋牡丹も同じ運命になるので、イヤなんですよね。

花が咲いたとして、牡丹玉や緋牡丹錦と交配すると、種は緋牡丹錦になる確率が高そうな気がするので、花のタイミングがうまく合ったらやってみたいですね。緋牡丹錦なら実生でも育つますからね〜。

緋牡丹が出ちゃったら、接いで助けてあげないとダメですが・・・(==
posted by フォル at 21:19| Comment(3) | TrackBack(0) | サボテン

2010年02月03日

×Tacca leontopetaloides ⇒不明

IMGP0021.JPGIMGP0023.JPG

タヒチ、ハワイ、東南アジアなどの熱帯原産。和名は、タシロイモ。⇒不明の塊根植物です。同定情報求む!

ISIJの新年大会で西沢さんが、Tacca pinnatifida

「日本初入荷」

として売っていたものを購入。
でも、Tacca pinnatifidaはシノニム(同じ植物の異名)で正式な学名は表題の通りなんですよね。
和名は、日本で最初にこの植物を紹介した、田代安定にちなんでます。

というわけで、日本では非常に珍しいのには変わりないですが、「日本初入荷」はヒジョーにアヤシイです。あるびのさんの観葉植物データベースに写真付きで載っているし。たらーっ(汗)

熱帯の植物なんで、終日部屋の中で越冬中ですが、早くも良い感じに芽が出てきてます。この真ん丸な芋ですが、育つと直径20cm軽く超えるようで、すんごい重たくなるみたいです。

食す人はまず居ないと思いますが、生だと毒です。(笑)
posted by フォル at 20:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 塊茎・塊根植物

2010年02月02日

Aloe nobilis f. variegata

IMGP0010.JPGIMGP0011.JPG

南アフリカ原産。和名は、不夜城錦。

なんか日を重ねるごとにマニヤック度が下がっている?のは気のせいですよ。
学名で書くと微妙にハクがついたように思えますが、その辺で見かける普及種です。はい。(-_-

この2株はグランカクタスで野外放置されてたのを見かねて、佐藤さんに「仔吹きしてるの貰っていい?」って聞いたら、「いいよ〜」というので、もぎ取ってきたモノ。

左側は、ちょっと葉緑素が少なすぎのノリ班で、右側は適度に班が入ったもの。佐藤氏曰く、班ものは葉緑素が3割無いと単体では☆になる運命とのことですが、どう見ても1割程度なのに根っこ出してピンピンしてて下葉の枯れも無いですよ?

もっと大きいの貰っても良かったんですが、こういう小さいのから大きく育てあげるというのも乙なものかな。
posted by フォル at 19:43| Comment(5) | TrackBack(0) | アロエ